鹿児島マラソン2016

第1回目の鹿児島マラソンに参加してきました。7回目のフルマラソンでまさかのワースト記録樹立(6時間29秒22秒)でしたが、完走だけはなんとかギリギリ果たしました。前回の熊本城マラソンから2週間というインターバルの短さは当初から分かっていたので、何も言い訳はできません。ただ熊本よりも1時間35分58秒も余計にかかったという数字に、自分の足りないものがあるのでしょうから、真面目にかつ真剣に問題点を把握します。決して疲労のせいだけにはできないはずです。

この大会で一番印象に残ったのは、ボランティアで応援に来ていた学生さん達が最後まで道路に落ちている小さなゴミまでをも拾いながら、集合場所に帰っていく姿でした。見ていて鹿児島の教育水準の高さを感じました。そういえば、私の鹿児島の友人たちが皆素晴らしいのはこんなことだったのでしょうね。

ところで当初スタートして、時にゴミを拾いながら走っているランナーをお見受けしましたが、その方がゴミを拾うたびに立ち止まるので危険な行為だと感じました。啓蒙活動をすることは大事ですけどね。できるなら最初から最後まで最後尾だったら理にかなうと思います。1万人参加者の中のひとりに過ぎないのだから。

コース

↓ 友人に照国神社まで送り届けて頂いた。
この友人達は「お山」で知り合いになった人たちで長いおつきあいになります。
KM2016_ - 1 ↓ サブスリーランナーとサブセブンランナーのツーショット
たまにサブファイブもありますが(笑)
この方とは一昨年偶然に種子島の海岸でお会いしてからの交流ですが
縁はいなものと申します。こんなに速い人だとは思っていませんでした。KM2016_ - 2↓ 入場しますが、スタートブロックまでかなり歩く。
実際ここで疲れを感じるほど、体調は良くありません。
前日2階に上がるのに、息切れしたほど危うかったのです(笑)。KM2016_ - 3 ↓ スタートまで座って待つことにする。KM2016_ - 4 ↓ 人が増えて前に詰めるように促されたので、座っていられない。
当たり前だけど。KM2016_ - 5 8時30分ちょうどにスタートです。マラソンとしては少し早いスタートだと思いますが、
シティマラソンなので仕方だないですね。市民の方に迷惑をかけていますので。KM2016_ - 6 ↓ ロスタイムはCブロックの私で2分15秒。KM2016_ - 7 ↓ 妻と友人Bです。KM2016_ - 8 KM2016_ - 9 KM2016_ - 10

↓ お、チキンラーメン電車だぁ。KM2016_ - 11 KM2016_ - 12 KM2016_ - 13 ↓ 天文館ですKM2016_ - 14 ↓ 山形屋ですKM2016_ - 15 ↓ 眠そうな妻と友人Bです。ここで苦しくてほぼリタイア宣言をしましたが
自分に期待しないことで何とか踏み止まりました。
KM2016_ - 16 ↓ 西郷さんKM2016_ - 17 KM2016_ - 18 KM2016_ - 19 ↓ 仙巌園
KM2016_ - 20

KM2016_ - 21 KM2016_ - 22 KM2016_ - 23 ↓ 知人に会いました。KM2016_ - 24 ↓ 10:29 トップが帰ってきました。KM2016_ - 25 ↓ ダラダラと走っています。KM2016_ - 26 ↓ サブスリーランナーの皆様ですKM2016_ - 27 ↓ いきなり電車の窓から応援を受けてすごく感激しました。
後、洋上のヨットからの応援も嬉しかった。KM2016_ - 28 ↓ 20km地点。時間は2時間56分程。こんなに時間がかかったのは7回のエントリーの中で初めてのことだけど、これが現実なのだと受け入れるしかないです。
音楽を聴きながら、ただただ時間が過ぎるのを眺めている…そんな感じです。
KM2016_ - 29 KM2016_ - 30

↓ ちょうど自分のナンバーと同じぐらいの力量の方々とすれ違います。KM2016_ - 31 ↓ 重富に入ってきました。ここまで長く感じた湾岸ロードでありました。KM2016_ - 32 ↓ 折り返しです。大体26kmです。
KM2016_ - 34 ↓ 選手収容バスがやってきました。KM2016_ - 35 ↓ 30km。走れずに早歩きになりましたが、完走だけを目指します。KM2016_ - 36 KM2016_ - 37 KM2016_ - 38 KM2016_ - 39 ↓ まぁ、関門は大丈夫そうですね。KM2016_ - 40 ↓ 雨の予報から好転し、体力がさらに奪われていく感じです。KM2016_ - 41 ↓ あぁ、暑い。KM2016_ - 42

KM2016_ - 43 ↓ 彼女たちにもついていけなくなり、少し焦る。
しかし、時計を見て6時間30分は切れると確信をしました。KM2016_ - 44 KM2016_ - 45 KM2016_ - 46 KM2016_ - 47 KM2016_ - 48 KM2016_ - 49 妻と友人ABが待っていてくれました。予定よりも1時間30分も遅れて申し訳ないです。
KM2016_ - 50 ↓ 記念メダルを頂きました。家宝ものですよ。KM2016_ - 51 KM2016_ - 52 メダル-01

7 thoughts on “鹿児島マラソン2016

  1. お疲れ様でしたー!
    登山が逆効果でしたか?(>人<;)
    練習しても記録伸びないって、マラソンも難しいですね〜(・・;)

    • いろいろ要因はあるだろうけど、人生の縮図だよね。
      みなさんの善意で行われるイベントなので、完走だけは果たしたいよね。人対人の織りなす風景が心地良い。

      さて今週末から再びヤマに戻るかな。大きく深呼吸できるところに行こうかな。

  2. 鹿児島マラソンお疲れ様でした! 完走おめでとうございました!! 自分もこっちにしとけばよかった・・・(笑)

    • そんなぬるいこと言わずに、来年は熊本→鹿児島→種子島のフル3連チャンに挑戦してみて!

  3.     楽しみに楽しみに待っていたかごしまマラソンでした。レンジャーさんご夫妻に 久しぶりにお目にかかれるから。
       当日、かなり無理をされて参加された様。走る前にB子さんが『レンジャーさん疲れているみたい』との一言が気に
       なりました。 完走を願って3人で応援しました。
       応援しながらの交信?は すごい!!  ゴールした時の表情は、思ったより軽くまだ走れそうでした。
       ほんとに お疲れさまでした。鹿児島思いのご夫妻に感謝。お天気も同じ鹿児島でも雨ふりだった地域もありました。
       早春の陽射しを浴びて錦江湾、桜島を遠望に、走れるって幸せですね。
       
       

    • RURIKO様、朝早くからの応援ありがとうございます。m(_ _)m
      体調がずっと悪かったので、1月のいぶすき菜の花マラソンを回避しての、念願の鹿児島入りでしたが
      予定よりも1時間30分も遅れて、お二人には歩きっぱなしの立たせっぱなしで申し訳ありませんでした。

      鹿児島県民の沿道の皆様の応援も大変暖かく、心に染み入るものばかりでした。
      これでますます鹿児島との縁も深くなっていくことだと覚悟を決めました(笑)。

  4. 何とか2週間ぶりの二つのフルマラソン大会が過ぎ去りました。
    鹿児島市内至る所の、交通規制や通行規制の不慣れや不安の中、友人お二人さんのお陰で、スムーズに1日を終える事が出来たのだと、今、しみじみ思い出しております。
    あっち行ったり、こっち行ったり…やっとゴール地点までたどり着き…そこから長い事ゴールするまで待ってもらい、本当にありがとうございました。
    レンジャーさんも、8キロ過ぎでは途中でやめるかも、と言ってましたが、完走するとはビックリでした。
    みなさま、お疲れでございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.