224 市房山(西米良コース)

subtitle 赤鬼、青鬼と鬼ごっこ

 

  • 宮崎県西米良村から登るコースは累積標高差が1,496Mもあり、片道でも4時間はかかるタフなコースです。しかし最近5合目に通じる林道が完全舗装されたので車高の低い車でも行けるようになりました。 宮崎市からでも1時間30分~50分で到着可能です。ちょうど霧島に行くのと同じですね。 かなりおすすめですので、ぜひ足を伸ばしてみて下さい。
  • 実はこの山域は春から晩秋にかけてヤマビルが3合目以下で出ますので、5合目からの登山は願ってもないことです。5合目からだと2時間で登れますので、体力に不安のある大多数の方でも、景色を楽しみながら休憩をとりつつ3時間以内で登れるため、かなり市房山が人気のある山になれば嬉しい。面白いことに西米良村にある民宿さんから「登山の宿として売り出したいから協力してくれ」と頼まれたところなので真剣にプランを練って『西米良おすすめ登山コース』を売り出そうと考えています。良い知恵があればアドバイスをお願いします。と言っても誰に語りかけているのやら?
  • 本日のメインゲストのS君(まだ名前はない)は私の高校の同窓生です。2年5ケ月前にSaddyが霧島の山を引っ張り回して以来、連絡も寄越さないで「相当山に懲りたんだろうな」と思っていましたが、このたび彼は1日10lm近くをランニングして耐久力を付け、新生S君(まだ名前はない)として甦りました。
  • 私は中々彼についていけず苦労しました。最近デベロッパーIshizakaの赤い洋服が私の行く手を邪魔をして視界が悪いのに、今度は青い服のS君(まだ名前はない)までが私の前をスイスイと登っていくとしたら、今後は赤鬼、青鬼と鬼ごっこをしなければならなくなります。私はまだジョギングできる身体の状態ではないので彼らに対抗できませんね。何かちょっと大きめの一寸法師になったようでかなり不安です。でも最後には鬼は退治されてしまうのかなぁ?

  • 2 件のコメント
  • D.Ishizaka

前日の高千穂の峰登山の疲れか、またはその夜の当マンション

理事会忘年会25:30迄の二日酔いの疲れか、当日の車酔いか?

少々ヘタレ気味の足取りでしたが、

何と、市房山登山は8合目で突然に目が覚めましたよ!!

昔、聞いた歌で思い浮かべる情景そのまんまの風景・・・。

「青い山脈」ではありませんか

ここまで踏まなければ体感できない情景・・・。

前日、踏破したばかりの高千穂の峰が幻のごとく遠く霞の中に

浮かんでいる。

しばらくは、この2日間の記憶で脚色した夢でゆっくり眠れそうです。

2011年1月11日火曜日 – 10:35 PM

 

 

  • to D.I. from Ranger

デベロッパーIshizakaさんは山に対しても大変真面目な方です。

眠りの中でも山に登るなんて疲れませんか?うなされないよう気をつけて下さい。

 

私はこの登山日記のサイトの不調で夜もうなされています。

すべてのページを作り直し、過去のコメントの全てを削除しなければなりませんでした。

 

コメントを頂いた方には申し訳ない気持ちで一杯です。

2011年1月11日火曜日 – 10:37 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください