408 大浪池と韓国岳火口底

408俯瞰図韓国岳の火口底へラン友さんと行ってきました。乱友さん達の特徴は底抜けに明るくて、可能な限り薄着になりたがることです。一番心配していたことはアザミの葉にあるトゲでチクリチクリと刺されることですが、やはり想像以上の痛みだったようです(笑)。

私にとってこの火口底は2008年、2009年、2013年に続いて4回目の訪問となりました。初めて湖水がある状態で降りました。まぁほとんど火口底には水がないですからね。今年の梅雨は例年より雨が多かったようです。

今回は爆裂火口鞍部から韓国岳登山道1合目までの道が不確かで多くの藪漕ぎをさせてしまったのが反省点です。過去にこんな藪漕ぎをしたことはなかったので検証が必要だなと感じています。

DSC04770


↓ 今回は撮影用に自撮り棒を用意しました。IMG_6942

↓ これがその作例です。iPhoneをセットして無線(BlueTooth)でボタンを押します。IMG_6944

↓ 大浪池登山口から大浪池を目指します。IMG_6949 ↓ 大浪池分岐着IMG_6951 IMG_6954 ↓ 韓国岳は雲に覆われています。途中で韓国岳から下山している途中の方々は「頂上はすっぽり雲の中で何も見えない」と言われていました。IMG_6956

↓ 霧島市が綺麗に見えておりますDSC04757 ↓ やはり大浪池は綺麗ですね。次回は舟を浮かべて遊びたいと思わぬこともなかったです。重いし、湖面に降りるのは急斜面なんだけど。DSC04761

↓ 韓国岳山頂直下まで順調にきましたが、やはりガスの中でした。IMG_6962 IMG_6963 ↓ ガスの女王様たちIMG_6966 ↓ 韓国岳頂上です。ガスが晴れるのを30分ほど待つことにしました。IMG_6968

↓ そういえば、今日は祝日の「海の日」です。IMG_6980 ↓ 時折ガスが晴れて、火口底が見えることが何度かあるようになったので、意を決して火口縁を周り、韓国岳北峰を目指すことにしました。IMG_6985 ↓ 途中、琵琶池を望む。IMG_6988 ↓ 火口縁を進むうちに、かなり晴れてきました。IMG_6990 ↓ 韓国岳北峰に到着しました。IMG_6992 ↓ 北峰で記念撮影。ここからが難しくなりますよ。IMG_6995

↓ 北峰から鞍部への下りは難しい部類です。みなさん「ここまで来たのだから、引き返せない」という気持ちでしたね。←他人事みたいな言い方になりますが、それが山の掟なのだから仕方ないです。
冬季になればまだ難易度は下がります。、今は樹勢が強くて、葉に覆われてルートが見えづらいです。
IMG_6997

↓ 下りの不安は腰に出ると思うのです。腰が後ろに引けて、両足が揃った時に前のめりに滑落する事故が起きやすいですね。DSC04767 DSC04768

↓ 腰が後ろに引いていると危険です。
踵(かかと)で降りる意識を持てば直ると私は信じていますが、なかなか伝わらないですね〜。DSC04769

↓ 爆裂火口鞍部まで無事下りてきて安堵の表情です。さて、次の地獄に案内しましょう。↓IMG_6998 ↓ アザミ地獄の始まりです。アザミを掴まないように気をつけて降ります。IMG_6999

↓ 25分かけて鞍部から火口底に降りてきました。やはりアザミは相当な悪さをします。IMG_7002 ↓ 非日常の世界に驚きの心持ちだったようです。まぁ水があることは滅多にないのですが、水があった方がはるかに風情がありますよね。IMG_7004 IMG_7005 IMG_7006 ↓ 時折青空も。IMG_7008 ↓ 本当はあの「くびれ」から真下に降りて来ればラクだったのだけど、みなさん初めてだったので「韓国岳北峰」は外せなかった。いわば善意の思いやりかな? 迷惑だったかな。IMG_7010

↓ 爆裂火口鞍部に戻ってきました。さぁ、次は藪漕ぎ地獄です。IMG_7011 ↓ あまりにも藪漕ぎが酷かったので写真は撮れませんでした。ここに出ると小川沿いに歩けば登山道1合目へ出ます。IMG_7012 IMG_7014 IMG_7015 ↓ 北峰を振り返ります。IMG_7016 IMG_7017 ↓ 一合目へ合流できました。IMG_7018 IMG_7020 IMG_7021 ↓ 1本100円のコーラで乾杯です。IMG_7023 大浪池登山口まで帰り3.7kmあります。最初はゆったり歩いていましたが、思いっきり走ってしまいました。やはり乱友さんです。IMG_7024 ↓ ゴールです。一周14.2kmありました。IMG_7028

2 thoughts on “408 大浪池と韓国岳火口底

  1. コース覚えているうちに、もう一度行ってみたいと思いました。 ほんとに楽しかったです。有難うございました!!!

    • 久しぶりにインパクトのあるお山だったでしょ?
      また別のプランを思いついたら招集します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください