久住高原クロスカントリー2016

3㎞・50代の部に参加してきました。折しもぎっくり腰による腰痛を抱えながらのレースでした。歩くのも不自由で、当日朝もリタイアするつもりで二度寝を決め込んだのですが、「ここで何かを残さなければ、今までと同じじゃないか。齢も55歳で後がないので、今やるしかない」と決心して車に乗り込みました。
隣県の大分県の大会に出るのは初めてなので誰も知り合いに会うことはないだろうと思っていましたが、お一人60代の方でよくあちこちのお会いする方と目が合って再会とお互いの健闘を祈って握手をしました。この方は霧島登山マラソンで僕が関門に間に合わないと愚痴をこぼすと「男なら係員を殴ってでも頂上まで行け!」とハッパをかけてくれた人でもあります。
本番はゆっくり行けば良いと考えていたのですが、年代順(50代+60代とか)でスタートするので「負けられないオーラ」が出てきて焦りました。いつもは若い人とか男女混合で同時スタートするので「年に見合った走りをするだけさ」で緊張もしないのですがね。同年代だけで走ると緊張感が生まれました。IMG_7088

↓当初の計画では、レース後に九重連山へ登山しに行くつもりだったのですIMG_7090 ↓ 30回目なんだぁ〜。走る文化が受け継がれているんですね。IMG_7091 ↓ 阿蘇の中岳が白い噴煙を吐き出していますIMG_7092 ↓ さてとウォーミングアップしようかなとコースに繰り出しましたIMG_7093 IMG_7094 ↓本コースは試走厳禁とパンフレットにありましたが、皆さん自由に試走をされていました。IMG_7096 ↓ 女子中学生の集団ですIMG_7097 ↓ ここ結構下るのですが、腰が痛くなるのでスピードは控えなければなりません。IMG_7098

↓ おや九重連山の上へ雲がかかり始めましたねIMG_7100 IMG_7101 IMG_7103 IMG_7104

↓ 本番はあっという間に終わりました。何とか15分は切ることができました。腰の状態が良ければ14分30秒くらいだったかな?平坦なコースではなくてアップダウンがあるクロスカントリーなのでそんなに他の人から遅れをとることはないのが幸いしました。これがロードレースでしたら出場は不可能だったと思います。IMG_7108 ↓ いつもの道路沿いにあるお風呂です。ぬる目で夏にはちょうどいいかも。ここの畳が好きで寄ってしまいます。名前は知りません。料金は300円で自動販売機みたいにコインを投入すると引き戸が開くというシステムです。看板に100という数字が見えて100円なんだと思い込んでいくと、源泉100%という意味だったという懐かしい曰く付きの温泉です。IMG_7109 ↓ さてもう一つの闘いが始まりました。鶏肉との闘いです。以前山友達さんがここのは美味しいというので挑戦することにしました。家族がいたら「死んでしまうのでやめなさい」と言われたはずです。IMG_7110 ↓ 大分といえば「鳥てん」らしいです。なので鳥てん定食(4個バージョン)¥620を食べます。味は薄く塩味が衣についています。お店の人に聞くと「そのままでもいいし、お好みでそちらのドレッシングかポン酢をかけて食べてもいいですよ」とのことでいろいろ試しましたが、1個目はそのまま、2個目はポン酢、3個目はゴマ味のドレッシングをかけてみました。4個目は食べなくてもういいかなと思いましたが、頑張って食べました。というのはお味噌汁の中に鶏肉の塊が入っており、その食感と匂いで最後はフラフラになってノックアウト寸前でした。
帰りに宇目の道の駅で唐揚げを1パックお土産に買って帰りました。香ばしい匂いが車の中に充満したおかげで、眠さも腰の痛みも感じることなく無事に家に帰り着くことができました。IMG_7112

6 thoughts on “久住高原クロスカントリー2016

  1. おお~、これに出ていたとは!
    今年のレンジャーさんは違いますね! この積極性もダイエット効果でしょうか?!^^/
    自分の友達も9キロに出て、最初突っ込みすぎて、3周目のラストの上り1キロが地獄だったと言ってました^^;

    「男なら係員を殴ってでも頂上まで行け!」 いろいろな意味ですごいです…。

    実は自分も今週末、合宿で久住に行くんですよ!
    土曜日は「アトランタコース」という近隣のロードを走ります。
    日曜日に久住クロカンです。
    またレポートしますね!(たぶん^^;)

    • そうですね〜、かなりのダイエット効果です。
      毎年春から夏はボロボロで「走れない・登れない」を繰り返していたので嬉しい限りです。

      アトランタコースってジョージア州のゴルフコースみたいでブルジョアの香りがしますね(笑)。
      久住は涼しくて気持ちが良いので、楽しい合宿になりそうですね。多分夜の方がメインなんでしょうが・・・

      9月にキタクマヤッホートレイル、10月に脊梁トレイルin山都にエントリーしました。
      霧島登山マラソンはスタッフを殴るといけないのでやめとこうかなぁ?

      あ、11月は金峰三山山岳マラソン42kmもエントリーしてしまいました。

  2. 「アトランタコース」とは、昔、女子マラソンの真木和(いずみ)がここで練習していて、その後アトランタオリンピック(1996年)に行ったというエピソードから、地元の人が勝手に(?)そう呼んでいる片道10キロ(往復20キロ)のただのアップダウンのアスファルト道路です。^^/

    3本のトレイル・山岳系マラソン、アグレッシブですね!
    絶妙なことに(?)、私、どれもエントリーしてません!
    山都町は、今年、「修験道トレイルin東峰村」というのと重なり、初参加となるこちらにエントリーしてしまいました!

  3. こんにちは!
    また来ちゃいました

    私はアスリートじゃあないですね。運動音痴歴ん~十年です。が、走りはあまりテクニックや運動神経関係ないので好きです。特に、大会に行くのが好きです。練習量は月数10㎞(^^;9月だけは、がんばって、160㎞でした。

    さて、なぜコメントしてるかというと私もこのくじゅうクロカンに行ってるからです。わあ!くじゅうクロカンだあとうれしくなりました。今年は残念ながら夫だけ行きました。それまでは、3年連続夫と行っており、「まさかここで知り合いには会わないよねレース」を夫としました。会うにかけたか会わないにかけたか、忘れましたが~(>_<)忘却力抜群です。

    中城さんのブログは、すごく面白いです(*^^*)年齢が近いというのもあるかな?

    全然ダメレベルですが、山登りも好きです。

    ではまたコメント致します。

    朝からのんびりしました。そろそろ仕事します(^^)

    • めいさんコメントありがとうございます。
      友達も見てはいても、コメントをくれない(笑)拙ブログにようこそです。

      青島太平洋マラソンは私もエントリー済みでして、今年はEブッロクからの出走です。密かにサブフォーを狙っていたのですが、Eブロックだとロスタイムが7分以上あるので諦めました。一昨年は4:27:19でネットは4:21:17でしたから、4:30:00で申し込んだのですけどね〜。去年が6時間という結果だったので、お前はEブロックだと判断されたのかなと思います。

      ご夫婦で走れるなんて羨ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください