ラン3年目の心持ち

img_7416
私のラン歴は3年目です。1年目はハーフが2時間36分、フルが6時間17分でスタートし、その後ハーフが1時間52分16秒(5’19″/km)、フルが4時間21分17秒(6’11″/km)で1年目は終わりました。

2年目の私の前途は明るいものと信じていました。しかし優秀なラン友さんにも恵まれたので、”いいとこ見せよう”と彼らのペースに合わせて距離を伸ばした結果、2年目からは故障の連続で、今に至るまで一度も自己記録を更新することはありません。

月間200kmとかの距離にこだわらず、走るための体になるには最低3~4年はかかるということを肝に命じ無理はしない方が後々の自分のためだったようです。特に自分は完璧な肥満体であったことは大きなマイナスでした。(※痩せた方は3年もかからないでしょう)
相手に合わせず、自分の都合に合わせる。つまり優秀なラン友さん達に出会った時には既に彼らの体は努力の結果ラン仕様だったわけですから、上を見てもキリがありませんので思い切って割切りましょう。つまりランの世界に入るということは一年生から始まるということです。それが幼稚園なのか、小学校なのか、大学なのかは人それぞれです。私は今は小学校3年生のレベルですね。ハイ素直です(笑)。

いくら長い登山歴があっても、犬のように毎日走っているランナーには絶対負けます。それは嫌という程身に染みています。しかし必ず花が開く順番が巡ってきますので、開花時期を待ちましょう。

私は経験的に月間200kmを超えると故障してきたので、予防策として毎日のランデータをPCで管理して、毎月200kmを超えないように調整してきました。5月から体重が落ちたものですから、現在は平均235kmは走れています。これが250kmまで自然と伸ばせれば殻が破れる気がします。

img_7428img_7383友人のDingoが教えてくれたこんな計算式があります。ハーフ21kmの大会に出るために必要な月間距離は6倍の126km。フルの42kmなら252kmです。これは間違いないです。もちろん少なくても完走はできますが、ただ確実に苦しみながらゴールするということです。その覚悟があれば乗り越えられますけどね。

今はなんとかそんなに苦しまずにフルを走れる状況にあるということでしょう。今シーズン中にプライベートベストを出せる夢を持っています。やれることをやって謙虚に3年目の2016年を有意義に終わらせたいですね。

2 thoughts on “ラン3年目の心持ち

  1. 「犬のように毎日走ってるランナーには勝てない」
    確かにその通りですね!
    私も3年前から走ってるのですが自転車に乗れないウエットな日限定で月の走行距離は平均20kmといったところでした。
    しかし昨年末位からは自転車とランが逆転し、最近では、寧ろランニングのためのクロストレーニングとしての自転車になっております・・

    「トレイルもロードも走るってなんて楽しいんだろう!」

    今では月に80km(いつも山ルートです)、来月あたり100km目標に走りたい思っています!
    大会は3月のひょっとこ以来2回目のひよっこですが(笑)
    楽しく頑張ります^^
    そしてレンジャー中城様に9日に霧島でお会いできるのを楽しみにしております!!!

    あっ、私のゼッケンナンバーは356です。

    • ひょっとこに出られて、霧島登山マラソンですか……余程ポンキャット様はMなんですねぇ^_^
      霧島はご存知の通り厳しい関門が二つもあるので、語り合うのはレース後の焼肉時にしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.