234 行縢山

 

  • 3人行。今宮崎は新燃岳の火山爆発、鳥インフルエンザのダブルパンチで揺れ動いています。今日は新燃岳のかつての美しい映像を思い浮かべながら半分切なく登ってきました。もう半分の切なさは自分の体の重さでした。行縢山は簡単そうに感じますが、登山中はほとんど視界が悪いのと、九折部分が多いので少しだけストレスが溜りますが、頂上から見る東海(とうみ)海岸を見ているとヤマトタケルとカワカミノタケルの故事が浮かんでくるので来て良かったなぁと思えます。
  • 右の写真は鳥インフルエンザの防除風景です。口蹄疫が終息したのがつい半年前のことだったのにね…もう半年先はどうなっている…ことやらです。霧島地域に立入り禁止が敷かれているかもしれませんね。そうなると鹿児島と宮崎が分断されて”大切なお友達”にも会えなくなるのでそれだけは勘弁して欲しい。
  • 2 件のコメント
  • D.ISHIZAKA

新燃岳の噴火が広範囲に被害を及ぼしてる事は

重々、承知はしているけれど・・・・。昨年の春に見た

あのエメラルドグリーンの今となっては幻の火口湖は

おそらく存在してない事実に郷愁を感じているのは

自分だけではないのかも。

早く終息してほしいと願い西の空見てお願いするしかない。

2011年2月2日水曜日 – 12:15 AM

 

 

  • レンジャー

中岳を下り、新燃岳の木段を軽やかに上り、エメラルドグリーンの池を左に見ながら獅子戸岳を目指すのが霧島縦走の醍醐味でした。

 

噴火が終息して再び歩ける時には、池は存在せず、くじゅうの星生崎みたいなゴツゴツした山になるのだろうか。

2011年2月2日水曜日 – 02:24 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。