2016あさぎり町球磨川マラソン(ハーフ)

img_7795img_7794今回は記録にかけていましたので、レースだけに集中するためにカメラと携帯は持たずに走りました。なのでレース中の写真は珍しく1枚もありません。

終始雨の中でしたが、折しも季節外れの暖かい気候が続いていましたので、雨はかえって体温の上昇を防いでくれたようで、写真のように4分33秒もの大幅なPrivate Best(PB)が出ました。

足の状態と、腰の状態と、体力の温存との兼ね合いを自分なりに考えて出した結論が全速力の5km走を続けることだったのですが、珍しく当たりました。

私の歴史はいつも友人たちに調整方法とケア方法を教えてもらいながらも失敗を重ねてきて「ねぇ、聞いてる?この前も言ったよね?『◯◯しちゃいけない。◉◉しなさい』ってさ!」と言われまくりでした。これに対する私の逸話ざる?答えは「わかってるよ。いや正直に言うと、あなたの言うことは単語的にはわかるのだけど、残念ながらそれを理解する能力が僕にはないんだ!」でした。本当に言われて実行できるような柔軟な脳を持ち合わせていないのです。※逸話ざるは偽らざるが正解なのはわかって使っていますので、チェックコメントは勘弁してね。


img_7796レースプランは、無理だけど1時間45分(4’58″)を切ることを目標においておけば、1時間50分(5’12″)は切るだろうと言う曖昧な自信を基礎として、1kmのラップを可能な限り5分を下回るように努力するということです。努力の担保はノーカメラ・ノー携帯ということです。笑っちゃいけません。私にとっては初の試みです。結果は1時間47分43秒(5’06″)でした。まぁ国語力の弱い文系ランナーはこんなもんです。

↓ LAPです。8kmまでは素晴らしいですね。最初の1kmは下り坂が半分ということもあって3分30秒のペースで突っ込んでいき、GPSウォッチを見てやばいとブレーキをかけたほどです。

9〜14kmまでは自分の能力の内ではそれなりに善戦をしていますが、かなり背後から抜かれていく状況です。

15kmから先は全くダメダメで、5:15は維持しなけばなりませんね。ここの落ち込みを防ぐ脚力が培われたら1分45秒短縮できるので、1時間45分切りに近づけます。

これからも地道に頑張ります。私のライバルは私以外にいないのだから…自分次第ですね。

 

↓ 累積高度差が223mでした。最後の坂がエグイですが、見逃されがちなのが14.5kmから続く連続した登りだと思います。簡単なように見えてそんなに簡単ではないコースだと思いました。%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%9a2


受付は6:45からです。6:48に着くとゴール地点から20mほどの絶好ポイントに駐車させてもらいました。受付、トイレ、着替え、もてなし食もスムーズで快適でした。img_7774 img_7775 ↓ 余裕を持たれた受付風景でした。好印象です。img_7778

↓ ゼッケンは手作りのベルト式にしてみました。ベルトの背面にはジェル1個と塩飴を2ケ入れています。img_7781 ↓ 今日の勝負靴はadizero Takumi Ren Boost2。だからどうだということもないのですが…img_7782 ↓ 眠そうな顔をしているのに、知らない方に「お、気合が入っていますね。優勝を狙っているのですか?」と茶化されました。
『ツッコミの里・あさぎり』なんだろうね?img_7784 最初の下り坂だけ下見をしました。「公道でもウォーミングアップは警察からの強い要請で控えてください」としきりにアナウンス嬢が繰り返していました。このアナウンス嬢は7時から大会開始まで時に参加者にインタビューをしたりしながらしゃべり続けていました。スゴイ人です。
img_7786 ↓ こんな田園風景の中を走りました。img_7787

↓ 雨はこんな感じで、終始止むことはなかった。img_7790 ↓ スタート前に鹿児島の進ちゃんと。風邪をひいていたのに彼は40代であっけなく優勝した。img_7793 ↓ 振る舞い食です。全て美味しかった。ありがとうございました。img_7797 ↓ 帰りに白髪岳が綺麗に見えていました。だから登りに行こうとは決して思わない(笑)。img_7798


↓ レース後はお隣の西米良で行われていた「西米良スカイランニングクエスト」の応援に行きました。

img_7801

2 thoughts on “2016あさぎり町球磨川マラソン(ハーフ)

  1. PB、おめでとうございます!
    レンジャーさんの事前の緻密な計画があって必然的に出たんでしょう。
    カレーが美味しそうですね!
    写真もあらためてサンキューです!(^^)

    • yappyさんにそう言っていただけると光栄ですが、全然緻密じゃありませんし、yappyさんのようなド根性も足りない。
      もう少し粘れるように精進します。

      カレーですよね、カレー! カレーは太るというので我が家では禁食です(笑)。
      10月はここと九州脊梁山脈トレイルin山都町で振る舞われたカレーを2回も食べることができて幸せでした。

      カレーが出る大会情報をお持ちであればお教えくださいm(_ _)m お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。