413 市房山(七合目避難小屋〜頂上往復+素敵なトレイル道を下りで味わう)

今回で9回目となった市房山への登山のきっかけは、先週行われた西米良スカイランニングクエストというトレラン大会で痛んだかもしれない登山道の修復とゴミ拾いを目的とした「市房山クリーンハイク」というユニバーサルフィールドさんの呼びかけでした。「オプションとしてレースで使ったトレイル道も走れます」というので、このコースが未体験な僕にとっては、いくら市房山はもう登らないと決めていたにも拘わらず、とても魅力的なお誘いでした。

実際走ってみて感じたことは綺麗なトレイル道ということです。実際のレースではここを往復するわけで、景色も空気も味わうことは難しいでしょうが、今回のようなハイキングの環境ではすこぶる楽しい思いをさせていただきました。

%e4%b8%8b%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%9b%b3%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ガーミンのGPXデータをPC上でGoogle Earthに描画をさせると、林道からトレイル道に入る地点から竹原地区までの距離が10.8km・高低差+415m/-1185mとの数字が出る通り、ただ下るだけの単調な道ではありません。市房山は歴史的に民間の所有者が多いそうです。今回の道もほとんどがそういう山域です。西米良村がスカイランニングクエストを積極的に応援しているということで、このようなトレイル道が新たに用意されたり、市房山の往復も新規に道を切り開いて上下を分ける手立てもされてていますが、実際は通過するときはマナーを守って自然を保護する意識を持つ必要があると感じました。


↓ 避難小屋をスタートして、登山道の補修とテープの回収をしながら頂上を目指します。
img_7842

↓ 我が家から持参したクワですが、軽量なものを持って行ったので、疲れはなかったですね。img_7843 ↓ 晴れ男がいるといいよね〜img_7844 img_7845 img_7846 img_7848 ↓ 心見橋のチョークストンimg_7849
↓ いつの間にかチョークストン上で撮影会が始まっていましたimg_7852 ↓ わざわざ豆を挽いて立ててくれた珈琲がすごく美味かったimg_7854 ↓ ここも馬酔木が育ってきましたね。img_7855 ↓ 新規トレイル道の風景です1img_7856 ↓ 新規トレイル道の風景です2img_7857

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください