281 高千穂峰(登山7周年記念)

 高千穂河原からの登山は実に24ヵ月ぶりです。体力自慢だった頃はいざ知らず、今の私には過ぎたる名峰です。しかし、噂には聞いてた新燃岳噴火に伴う火山礫の噴出はほぼ高千穂峰を10センチは覆い尽くしていました。掴んでみるとミニ軽石といった感じで、ズルズルと滑りました。登りでやけに体力を消耗したあまり、内心「200%難易度を増したかな?」と思っていましたが、下山後、お二人に「正直さぁ、何%増で難易度というかさぁ、今までと比べて体力度が増したと思う?」か訊いてみたところ、お二人とも「そうね20%増しかな」との答えに「レンジャーもとうとう普通以下に成り下がったと確信しました。登山中に背中からSaddyの声がする。「そこ右、そこ左」とコース指示をされる姿に「もう昔の面影もないのか?」と思った秋の空。

台風が100個も到来してくれたら、この火山礫を吹き飛ばしてくれるかもしれない。

「いまが旬」ちゃんは諦めずにアキリンドウを探す

この花たち7年前もありました。

4 thoughts on “281 高千穂峰(登山7周年記念)

  1. 第二の誕生日おめでとうございますW(`0`)W

    併せて、登山復活とアラ90の仲間入りを歓迎します。

    • 素敵なお言葉ありがとうございます。

      アラウンド90の件ですが、
      「今後の私の姿で答えをお見せしたい」と思うとです。

  2. 祝 7周年!!
    山頂で皆さんスマートになっている。
    よほど過酷な登りだったに違いない………。

    • エイティーズクラブは新規会員を募集しています。
      資格は一度でも(荷物を持っていてもOK)体重が80kgを超えた人です。
      旬ちゃんはやっと70kgだそうで、見かけでは判断できません。

      P.S.今年もエーデルワイスの花は発見できませんでしたが、センブリは火山の影響で個体数は減っていましたけど、花の美しさは健在でしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.