254 赤松展望所

 

  • 単独行。やっと昨日ぐらいから、まともに歩けるようになったので赤松展望所まで歩いてきました。最初の目論見では花切山まで足を伸ばして、ヒメシャラの白い花を見て、赤子淵経由で一周しようかなと不埒なことを考えていましたが、やはり無理でした。この蒸し暑さには勝てません。家に帰りついてアイスノンタイプの保冷剤を体に押し当て熱を放出したら、楽になりました。少し熱中症みたいな症状でしたね。道中ずっと肩で大きく息をしながら往復しました。一応家を出る時には妻に「今までお世話になったね」と言って出て行きましたので、私は冷静に自分の体調と天候を知っていたのですから、エライと思いませんか。単なる思いつきではないのです。夏山の苦しさは良く知っています。
  • 夏になると皆さん山に行かなくなります。涼しくなってから行こうと言う人が大半です。でも私とデベロッパーは南九州の低山の夏山の過酷さをレポートしていきます。本当に苦しいこととは何かを知りたいし、伝えたいのです。
  • 2 件のコメント
  • D.Ishizaka

気温はともかく湿度80%の条件での

「登山」は……..。

無事、生還できてめでたし、めでたし!!

体調を危惧して昼過ぎに携帯TELしたのだが

まだ展望所のはるか手前だったとは…..。

今週末までには体調をしっかり整えて

新たな山へ行きましょう….。

2011年7月11日月曜日 – 10:45 AM

 

 

  • Ranger

夏山は根性が付くから楽しい。

ただし一山だけしか行けない。

夏は一山(いちざん)主義で臨もう。

2011年7月11日月曜日 – 12:00 PM

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください