第14回 諸塚クロスカントリー大会

念願の諸塚クロスカントリー大会でした。一昨年に足の故障で参戦を棒に振った苦い思い出が詰まった大会です。試走を終えていたので用意万端で開催を待ちわびていたわけで、その時の落胆ぶりを2年前の記事でこう書いている程です。↓

ちなみに54才の私が先々月の3月に256km(含トレイル)、先月の4月には283km走っています。そして5月の大型連休には4日で60km走れたので悔いはありません。これを機にもう自分を追い込むのはやめます。来シーズンはレースを半分に制限してフルは2回まで、ハーフも2回まで、トレランは1回まで、の合計5回にしよう。まだ多いのかな?今シーズンの半分だけれど。

あれから2年経ちました。フルもネットで3時間41分台にまで伸ばすことができました。未だに膝に力が入らないため、和式スタイルのトイレではしゃがんでも立ち上がることはできませんが、工夫して走っています。でも登山での登りはちょっと無理かなぁ…と感じてはいます。(諦めていませんけどね)


会場は標高が800mなので桜はまだ残っているだろうと期待していましたが、見事な桜が迎えてくれました。

↓ 1・2・5・10kmの4種目がありますよ。小学低学年生と大人が同じ土俵で闘えるって素晴らしいです。子供も大きな自信になります(笑)。お弁当+記念Tシャツ・お土産が付いて2,500円です。お得ですね。


スタートは、最近ランニングの調子が上がってこないので、最初から無理をしないことを選択しました(これは人生初WW/いつもはイケイケドンドンで完全後半消耗型)。真ん中付近からのスタートを選びました。パンフリストでは72人出走で、25番を狙いました。レースプランは最初にレベルの高い20人を先に行かせる。2周(4km)迄は後方から抜かれても我慢。

実際は最初の1周で10人に抜かれたましたけど、残り3周で全て抜き返えしました。抜かれる時の息遣いで判りました。「あ、この人無理して私を抜いている。すぐにバテる」って。だから慌てなくて済みました。以前の自分の息遣いですから判って当然です。

総合順位がまだ発表されていないのでわかりませんが、30位以内には入っているとは思います。また発表があれば追加します。(※確認したら31位でした。25位は50分を切っていたので、まだ自分の能力では25位は難しいですね)

↓ 友人夫妻が応援に同行してくれました。

2 thoughts on “第14回 諸塚クロスカントリー大会

  1. 素晴らしい結果が出ましたね!おめでとうございます!!私も来年あたり参加出来たらなーと思います。
    でも、10kmのコースっていきなり心拍マックスですよね?自転車でいえばヒルクライム大会みたいな?
    キツそうです^^

    • ご無沙汰です、ポンキャット様。
      霧島登山マラソンの1/10の労力ですよ。ポン様なら表彰台間違いなしです。周回コースなのでアップがあれば必ずダウンがあるので、ペース配分がしやすいです。
      来年はぜひ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。