265 雪のえびの高原池めぐり

二人行。Saddyさんの足は回復せず。不参加と相成る。やはり脂肪吸引の失敗だろうか?気になるところだ。

当所の計画はSussieと夷守岳に登ろうと登山口まで行きましたが、小林市は夷守岳が規制外であるにもかかわらず、登山規制を強いていましたので、「なるほど」と素直にそれに従い、新燃岳に近いえびの高原へ行くことにしました。私とSussieはイリーガルは好まない性格なのです。

えびの高原は新燃岳の噴火の影響を感じさせない程の盛況振りで、昨年の新燃岳の噴火以来直接の損害を受けていないえびの市側のゆるい対応に違和感を感じました。「噴石が飛んでくるかもしれませんので、注意して下さい」との張り紙の文字は間抜けでした。

2 thoughts on “265 雪のえびの高原池めぐり

  1. はじめまして。
    山登り初心者@鹿児島市です。
    青空と樹氷のコントラスト、きれいですね!
    ひとつ教えていただきたいのですが、不動池まではスタッドレスで登れますか?
    チェーンが必要ですか?

    • 19RV様、コメントありがとうございます。
      雪見は大雪が降った後の、晴れの日が素晴しいですよ。
      天気を見てチャレンジしてください。もちろんカメラは忘れずにね。

      以下、チェーンのことは直接メールにてお答えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.