448 霧島えびの高原エクストリームトレイル前半試走会

ラン友さんの呼びかけに30人のランナーが集まりました。それぞれのレベルに応じてコースを確認して参りました。

注意点は日添林道に車が入れないほどの荒廃ぶりです。荒地に足を取られ捻挫をしないように気をつけなければ。

↓ 5時集合とは本番さながらのシミレーションですね。

日本一枕木階段(724m)

この枕木を見る度に、国が廃線にした大隅半島の悲哀を感じます

↓ 枕木階段から先はずっと単独でした

↓ 光り輝いて綺麗だったのですが、伝わりませんね。

↓ 見晴台(1069m)

↓ 日添岳という名前が付いていたとは知りませんでした(1046.9mの四等三角点)

↓ えびの岳に向かいます。
赤松が綺麗ですが、以前はかなり蔦が絡まって窒息寸前だった気がします

↓ 中央に硫黄山の噴煙が見えますが、実際のマグマだまりはこのえびの岳の真下なんですよね。

↓ 都合7時間30分でゴール。このペースは関門アウトです。

霧島えびの高原エクストリームトレイルまで残り3週間です。去年よりもはるかに厳しい状況になることは確実な体調です。できれば小雨が降っていてくれたら完走もできるかもしれないという情けない状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください