449 霧島えびの高原エクストリームトレイル2018

霧島えびの高原エクストリームトレイル半分の32kmで自主リタイアで終了しました。従前から足を引きずる状態だったのですが、短距離ならいざ知らず長距離では奇跡は起きませんでした。炎天下だった去年の経験を元にすれば、何とか完走まで持っていけるかと淡い期待も持っていました。得意の下りでも足が他人の足みたいに感じて苦労しました。

一緒にリタイアした知人に「他人の足なら遠慮せんでガンガン行けぇ〜」とハッパをかけられましたが、「腰痛でスピードダウンしたあんたに言われてもねぇ〜」という感じで栗野岳からの下りは面白おかしくゆったりと下ってまいりました。

↓ 今年はゆっくりと県道を下ったので見事に渋滞にはまりました。

6:45 14.9kmのA1。昨年よりも15分遅れました。渋滞で10分ロス、走力不足で5分ロスという感じ。

↓ 7:45 自分が目印にしている17.7kmショートカット地点。昨年より27分遅い。

↓ 8:35  去年よりも35分遅い。関門まで1時間あるけど完走は諦めました。後はゆっくりと8km先のえびの高原まで帰ります。それだけでも大仕事なんですけど。

↓ なぜかしら右のレーンには人が多く、左のレーンは空いていました。私は躊躇なく左レーンを選択。理由は惑わされたくないから。

↓ 栗野岳からの下りで腰を痛めた知人。二人で歩きながらショートの人達に道を譲る事にも慣れてきて、終いには微かな足音で「どうぞ、どうぞ」をやる始末。
このスイーパーさんたちは、後ろから来るショートのランナーさんに「この人たちはロングの最後尾の方です。(だから気にせずお先にどうぞ)」と紹介していくのだから、『もうそんな紹介は恥ずかしいからやめて!』とお願いする始末。

↓ 11:47 昨年より1時間25分遅れて、えびの高原帰着。何とか制限時間の12:00迄には帰ってこれました。

↓ エイドにはおにぎりしかなかった。でも漬物三品は格別でした。玉ねぎの酢漬けは今度作ってみよう。


前に色々お声をかけて頂いた皆様の応援の声に、まだ枯れるわけにはいかねぇなと感じております。とりあえず明日からは歩けるようにリハビリ開始です。次回は九州脊梁山脈トレイルin山都町関係のイベントの予定。

7 thoughts on “449 霧島えびの高原エクストリームトレイル2018

  1. お疲れ様でした。 残念ながら当日はお会いできませんでしたね。 去年は自分がリタイアで今年はレンジャーさんで残念でした。来年こそはお互い仲良くゴールしましょうね。リハビリ頑張って!!!

    • 来年はART、キリエビ両方とも完走が目標です。

      順番で言えば、来年のキリエビのリタイア者はDingoの番だよね?

      • ええーっ!
        でも3年連続同じ2周コースだったら、次は1周だけでいいかな。いい加減飽きがきちゃう(>_<)

  2. ARTに続き残念な結果になってしまいましたね…。
    やっぱり痛みや故障など全くない状態で臨まないと、長丁場のレースは厳しいと思います…。
    て言うか、ショートコース2周というのがモチベーション低下につながって、気持ちが折れたのかも?!^^;

    でもリベンジする気持ちや次のレース(イベント)に向けての意欲があるので、その気持ちがある限りまだまだ大丈夫ですよ!\(^o^)/
    またどこかの大会でお会いしましょう!

    エビキリは私は法要が重なってDNSでした…(泣)
    次は8月末の水上村ですが、レンジャーさんは出ないですか?!^^/

    • 水上村の60kmは出たくてウズウズしていましたが、故障が長引いていたので、今回はパスしました。yappyさんのレポを楽しみにしています。

      最近走らないことが当たり前になってきて、何か変な今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください