37 大崩山 vol.1

単独行。一人では無謀かなと思いましたが、とりあえず大崩山に行ってみて、自分を試してみなければ、自信が持てないと言うか、今後発展がないと言うべきか、とにかく行ってみることにした。一人で行く分には体力の有る無しは関係ないので気は楽だ。

袖ダキに着くと感動が待っていた。初めて味わう荘厳さがある。下ワク塚、中ワク塚、上ワク塚とアルミ階段を踏みしめながら進み、登山初級から中級へと足を進めたかなと自己満足していた。石塚を過ぎると大崩山山頂だ。天候にも恵まれ貴重な写真も撮れた。下りはロープとアルミハシゴの連続で総数40本を越えている。下りは登る以上の体力がいる。色々あったが満足した山行だった。

色々あったとは途中ルートが判らず人に道を訊ねたら「コースも判らない者が山に入るな!」と恫喝されたことです。この私を怒らすことができるなんて大したもんだと長州力風に言っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.