288 朝陣野

2人行。小雨の中、体に優しい山に行ってまいりました。30分掛けて林道をゆったり歩き、30分かけてボチボチ登るというスタイルは初心者に最高だと思いました。

宮崎市田野町の朝陣野839Mデス。”あさじんの”と呼びます。百済王朝の亡命政権が古代日向にやってきたという伝説が今も残る宮崎県です。正当百済王朝の血を根絶やしにせんと大陸から来るやもしれない軍隊を見張るための陣を構えたと云う謂れです。その百済伝説のひとつが先週登った空野山の近辺に残っていましたので、本日はその伝説の流れとして朝陣野をチョイスしました。

何でも日本人は弥生時代に大陸から来た弥生人が一千年の時を経て縄文人を駆逐していったのだということです。思ったより平和的に異なる人種が駆逐若しくは交雑していったのではないでしょうか。山はロマンです。色んなこと考えながら歩くと楽しい。

下山後、朝陣野の東に立ちはだかる前平山(まえびらやま)の登山口を探して3時間程ウロウロしました。はっきり見つけられませんでしたが、やる気があれば何とかなるでしょう。しかし、車高の低い私の車ではガリガリ、ゴンゴンで大変でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください