305 大幡池1234M

DSC05972

3人行。久し振りにSaddyさんと同行です。そして可愛らしい小6の竜也君も一緒です。Saddyさんから「Rangerさんに似ているから隠し子じゃないの?」と言われましたが、違うと思います(笑)。それにしても大幡池は新燃岳の影響で来れずじまいのため2年振りです。2年前は大寒波と低気圧の絶妙のコラボレーションで稀に見る大雪と大幡池の完全結氷で実に楽しい思いをしましたが、今年は確かに寒いのは寒いのですが、まだまだ本格的な寒さがきていませんね。

2 thoughts on “305 大幡池1234M

  1. レンジャーさん、こんばんは。昨日1/20、9人行で1/6のレンジャーさんとほぼ同じコース(303韓国岳周回&火口底)辿りましたよ。登山口は硫黄山の北東あたり、旧硫黄採掘小屋があったあたりからです。涸れ沢をたどり途中藪掻きしながら、北峰~本峰への登山でした。韓国山頂は珍しく快晴、微風、大満足でした!(^^)無山有岡でした~。

    • 無山有岡様、北峰制覇おめでとうございます。旧硫黄採掘小屋方面からでしたら、ひょっとしたら北峰へ直登されたみたいですね。
      そのルートでしたら取付に至るまでのルートファインディングは難しかったものと思います。本道1合目から東へ涸沢を進むルートの方が案外簡単かもしれませんね。少し苦労されたのかもしれませんね。
      いづれにしても、新しい韓国岳の楽しみ方を体得されたことお喜び申し上げます。(決して決して上から目線ではございませんので勘違いしないで下さいね。)

      無山有岡様達の9人で山行をこなすにはリーダーには並大抵でない苦労があると思います。私だったら4人が限界です。4人でも連れてくるんじゃなかった思うことが多々ありますものね(苦笑)。無山有岡様達のパーティは素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.