307 大篦柄岳(おおのがらだけ)

DSC06183寒さを避けて高隈山系の大篦柄岳(おおのがらだけ・登山口は鹿児島県垂水市/三角点は垂水市と鹿屋市の境界にある)に3人で行ったのですが、ゆきさんはそんな私の浅はかな想いを吹き払うように先回りして待っていてくれました。何だか耳なし芳一になったような気分です。あ〜あ、耳が痛い。ゆきさんは女神だと思うので、点数稼ぎに名前を付けてあげたいなと思いました。幸、由紀、友紀、有希、夕貴さん…いろいろございますが、「遊奇」で決まりです。また遊んで下さい。

実は大篦柄岳は2回目で6年と9ヶ月振りです。表記していませんが、前回のルートは大野原林道は車で通らず、垂桜集落を過ぎて右に曲がり廃道に近い九州自然道をヒーコラ言いながら1時間苦労して現在の登山口まで登りまして、それから2時間かけて大篦柄岳頂上に着くというプランでした。折しも前回の天候はあまり芳しくなく、「このまま引き返しても心に残らないよね?」と変に強がり、そのままスマン峠経由で激下りをして林道を折り返し7時間かけたルートです。

今回は素直にRepeat after meばりのピストンでした。いやぁ〜7年ぶりともなると、コースの大まかは覚えていても小さなことは覚えていませんね。「大篦柄?簡単でしたよ!」と変な記憶違いをしていました。4時間で行って帰ってこれますが、天候と季節を選べば素晴らしい感動が待っているんじゃないでしょうか? 天候とは登山道の泥濘(ぬかるみ)が不安です。季節とはずばり桜島からの北よりの風の季節は避けたほうが良さそうですね。
いつも高隈山系を制覇することを夢見ていますが、未だに実現しません。本当に真面目に山をやろうと思います。今後に期待してくださいな。

DSC06180 DSC06181

DSC06189

DSC06190

この黒い雲は桜島からの降灰の雲です。ドッカーンと音がしたら20分でカサカサと音を立てて落ちてきます。灰除けにザックカバーをしたほどでした。DSC06194

2 thoughts on “307 大篦柄岳(おおのがらだけ)

  1. 中国から汚染物質が飛来しているというし、もしかしたら、桜島の火山灰ではなくて汚染物質だったのかも???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください