58 赤松展望所>斟鉢山

 二人行。 加江田渓谷周辺の山を知ろうと、T君と二人で出かけた。大型連休の初日ということで、余り体に負担が掛からないように、平成登山道経由で斟鉢山まで足をのばす。しかし、平成登山道は簡単なルートではなかった。かえで橋から斟鉢山まで登るルート以上に足に負担がくる。ゆっくり登れば良いが、展望が利かないルートは早く展望が見たくて、つい先を急ぎがちになる。薄暗いトンネルの中で光を求めて早足になり、出口に辿り着こうとする様に似ている。平成登山道に入っての印象はだらだらと登りながら、休むタイミングのなさがそっくりだ。南国特有の植物群も似ている。

しかし、一旦縦走路に出ると、展望も良く、光に溢れているので歩きやすい。来て良かったと思えるひとときだ。斟鉢山を経由して斟八神社へと向かう。ここで昼食にする。斟八神社はりっぱな社がある。下から建材を運ぶにしても大変だ、ヘリで運ぶのももっと大変だ。地域の氏子の人たちの苦労が偲ばれる神社だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください