320 鹿納山

DSC07029

鹿納山周辺マップ単独行。累計時間4時間45分。比叡山登山口をやり過ごし十数キロ進んでトイレと駐車場のある鹿川キャンプ場入口から比叡山林道を進む。やがて地蔵岳を過ぎ、宇土内谷の大崩山登山口入口に着く。今回はここに停めず鹿川林道を私の車で行けるところまで進むと1.6kmでスタックしそうな所があった。タイヤ径が大きく四駆ならさらに進める。しかし無理は禁物だ。度重なる豪雨で大きな岩が斜面を削りながら落ちてきているので今日は良くても明日は無理かもしれない。

車を林道脇に停め、荒れた林道を歩くこと40分で鹿納谷の登山口に辿り着く。途中3カ所ほど道がえぐられている。ただ日隠山の東南面が花崗岩の露岩がスパッと切り落ち、綱ノ瀬川の源流のナメラとの対の景色が雄大でついつい見とれて楽しい林道歩きである。

鹿納山(かのうやま・1567M)は国定公園祖母傾山系の中にあり、東には宮崎が誇る特異な岩峰群で人々を魅了する大崩山が控え、北西には底堅い人気の祖母山と傾山が鎮座している。また同じ稜線上には「お化粧山」「お姫山」「五葉岳」があり少し足を延ばせば「兜巾(とっきん)岳」までも行ける。こんな宮崎の県北が誇る魅力ある山群なのに、今までボクが鹿納山に訪れる機会を得なかったのは、足の状態がこの数年悪く、歩けなくなって年平均3〜4ヶ月は休まなければならなかったからだ。いつもリハビリが低山で終わってしまっていたからなのだが、今なんとか痛みが出ない歩き方を掴んだのか、やっと県北に達したということなんだ。何だか遠回りしてきたけど、ようやくここまで来たかという感慨はあった。今年は今のところ1ヶ月のリタイアで済んでいる。

DSC07050

320鹿納山with text鹿納山の岩峰の下で頂上から年配の女性の声がした。しかし岩峰に上がってみると誰もいなかった。「またかぁ」と思った。自分が疲れたり、気が落ちている時にだけ聞こえる「きのせい/気の精」だ。目の前に「鹿納野」と「お化粧山」が指呼の間だったが、別の機会で日隠林道を詰めて「お化粧山登山口」から一周することとして本日は無理をせず帰ることにした。

2 thoughts on “320 鹿納山

  1. レンジャーの県北部への
    快進撃ブログ楽しみです。
    あけぼののピンクと
    プチトマの赤が岩山に映えて
    鮮烈な幕開けか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください