324 斟鉢山 20年来のプロミスランド

DSC07674

何がプロミスってあれですよ、あれ。今は言えない、言えない。なんもいえね〜です。

この方とは20年前に知り合ったんです。その時から感じの良い人で「今後もよろしくお願いしますね〜」と言いながら、仕事のお付き合いは多かったのですが、お遊びは疎かで20年の間に釣が1度、ゴルフも1度ご一緒したぐらいでした。しかし遊びでは印象に残るというか、面倒見がとても良い人なんです。私が釣ったカワハギを「すぐに血抜きをしてサバいたほうが美味しい」と言ってすべてやってもらったり、ガンガン曲がる私のゴルフボールを一緒に探してくれたりと……。本当に優しい人なんです。

しかし山に一緒に登ることになるとは思わなかった。また1回きりになるかもしれないけど、もし2回目があれば今度は私が面倒をみましょう。またこの方をご紹介いただいた方とは飽きるほどゴルフに行ったし、酒も浴びるほど飲み、マイクを奪い合ったけれど、本人とは一度も酒を酌み交わしたことはないのでこれも1度位はお願いします。

驚くことに、この方マラソンをされていて4時間30分でフルを走るそうですよ。凄いですね。自分を追い込んでいくのが好きなんでしょうねぇ。アランシリトーばりの”長距離走者の憂鬱”みたいに孤高のランナーであって欲しい。ただしゴールテープは切ってね。オ・ネ・ガ・イ。

登り時間の90分は平凡ですが、この日は午前中に10kmのランをしてから登られました。見上げたOver Age 60にございます。

324斟鉢山

少し自分のことを語ります。4月7日に尾鈴山中でギックリ腰起因による食欲不振を誘発した流れからダイエットに入り込み、おかげさまで体重が減ってきました。しかしダイエットは人間が生活していく上での活力を削ぐ悪い面もあります。そんな不自然なダイエットが良くないことは判ってはいたので、先日妻に「今日からダイエットをやめる」と宣言しました。

すると1日で元に戻りました。自分の復元力の見事さに感じ入っております。お祝いに”かっぱえびせん”か”横綱あられ”の差し入れをお願いします。

3 thoughts on “324 斟鉢山 20年来のプロミスランド

  1. 森の精に導かれての斟鉢山、涼しくて静かで気持ちよかったですね。優しい瞳で人と山の事、登山の事を語るレンジャーさんの山を愛する心に多少、私も浄化されたかもしれない。最近、登山マラソンも考え始めていたけど気持ちの良い森林浴か、ボクサーばりの減量作戦と走力強化に取り組むのか心が揺れる・・・
    2回目は強化トレーニングの雰囲気も。

    • ワイド野山海様、昨日はお約束をお守り頂きありがとうございます。本当に静かな雨上がりの午後でした。「ワイド野山海」のハンドルネームも中々良いですね。ひょっとしたらあの”ツルちゃん”も釣られて山に来そうなお名前です。呼び方は「わいどのさんか〜い」ですね? ”私はつらいの?”という意味ですか(笑)
      ファミリーでいかれる時は”森林浴”重視で、マニアと行く時は”強化トレーニング”重視の二面作戦で行かれてはいかがですか?どちらも大事ですよ。トレーニング重視の時の名は”ワイルド野山海”でね。

  2. 「わいど、のさんか~い」には笑ってしまいました!一応どんなネームがいいのか…少し考えてみた経緯もありますれば、凄いネームを思いつかれたものです。体力有り余るようなワイド野山海さんの雰囲気にあわないような、繊細な視線がまたいいですね。レンジャーさんの二面で行くという提案もグッドな解決案と、実に愉快なコメントでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.