77 中岳・新燃岳・獅子戸岳往復

  • 単独行
  • ずっと新燃岳のウサギの耳元に行ってみたいと考えていました。もちろん立入禁止です。自己責任の世界です。行ける所まで行ってみて、危なかったら引き返そうと軽く考えていました。恐る恐るひとつ目の耳に登ったら、もう後に引き戻れなくなりました。通って来たルートが分からなくなっていたのです。ウソみたいな話ですが、本当の話です。風が強くてへばりつくように登っていたので、どうやって進んできたのかが分からなくなりました。だからこれから先、何があっても前に進むしかないと強く覚悟をしました。
  • ウサギの耳は遠くから見るとかわいいサイズに見えますが、実際は巨大な龍の耳みたいです。ふたつ目の耳はパスしました。恐かったからです。中岳と新燃岳は風がなくても新燃岳だけは20㍍以上の強風が吹き荒れている時があります。今日はその日でした。1/2を周回した時点のヤセ尾根の崩壊地があります。両側から噴煙があがっています。ここも恐い所です。歩いて渡れない所が1カ所あり、お尻と両手両足を地面につけて仰向けで恐る々々這って渡りました。
  • 安全が確保されているから登山なんだなと思いました。危ない所に行く年齢ではないのにな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください