84 天孫降臨コース(皇子原 >高千穂河原)

  • 2人行。
  • 天気も良く、視界も良く、体調も良く、M氏の初天孫降臨コース体験も無事成功のうちに終わりました。おかしいぞ、いつもはM氏と行く登山は珍道中の連続なのに…今日は何もなかったぞ。禁煙の効果は確実にありましたね。
  • 霧島ロイヤルホテルの温泉に浸かりラウンジでコーヒーを頂いている最中に、 上司にお客様とのふれあいが大切だと口酸っぱく言われているのでしょうか、年の頃なら20歳前後のサービスショップの女の子がコーヒーがおいしかったか、どうか訊いてきます。訊く方も訊く方ですよね「まずかった」と言えるわけないじゃないですか。もちろん「おいしいですよ」と私。そしたら女の子はカウンター奥に向かって大きな声で『おいしかったそうですよ~』と。受ける方も受ける方で「ありがとうございま~す」と眩しい笑顔で返してくる。
  • どんなリアクションとったらいいか分からず、女の子から目をそらし、霧島の山全体を見ていたら、次のクエスチョンがきました「山をそうじゅう(操縦?)したのですか?」…「うーん、それはね縦走というんですよ、じゅうそうとね、たぶんそうでしょ、たぶんですよ」
  • かわいい話ですね、一所懸命コミュニケーションをとろうとするその姿に私は癒されました。山を下りた後は良い人と交わり、明日の生きる糧を蓄えさせてもらいました。一般の人は「縦走」という言葉は滅多に使いませんね。おそらく知らない人が殆どでしょう。それを精一杯、言葉を手繰り寄せてきた姿がいじらしく思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.