330 双石山

1_A

双石山はあんなに訪れていたお山なのに、今年の元旦に訪れて以来となります。驚きの7ヶ月のブランクです。今日の目的はトレールランニングを意識した山登りと、下りの舗装路の走り方の研究です。きょうもノーストックでしたが、慣れれば何とかなりそうです。双石山山頂直下の行者ルートの一部も何とかストック無しで降りられました。

8月2日 23:37追伸)皆様のコメントは嬉しいことは嬉しいのだけど、たまには「表題の山」のことも語って欲しい。誰も双石山を語らずコメントが20件とは珍しいもんだ。あぁたいしたもんだ(笑)。

330 双石山_B

330 双石山_C

20 thoughts on “330 双石山

  1. ランニングバックとハイドレーションを背負えば早く走れると思う程私もバカではないのですが、何故か走れそうな気がしてきたのです。だって本当に嬉しかったのです。胃の中身を逆流させる程苦しくて辛かったのですが、これも又本当に楽しかったのです。!

    • 白状すれば、私のブログは楽しい仲間が登場すると、脚色して遊ぶことが自然かな?と判断して、
      言わないことも言ったことになっちまいます。
      今日はたまたま山岳猟兵さんが餌食になっただけです。

      ただ私達は良い年をしてトレランに挑戦し始めたことは事実ですよね。
      何も分らないからこそ、苦しんで会得していけば良いなぁと思っています。
      体で覚えるのがレンジャーと山岳猟兵方式です。

  2. 昭和の激闘、今も鮮やかに僕らの心に残る、矢吹丈と力石徹のデスマッチを彷彿させる、Mr.レンジャー&Mr.猟兵の真夏の双石山ジャングル決戦‼
    レンジャーの重いボディブローに悶絶しながらこの戦いの為に備えたバッグとシステムを振り回し、左からのクロスをブチ込む。これを華麗なステップでかわすレンジャー。平成の名勝負が今、ゴングが鳴ったのである。

    • It’s so amazing. You are a genius writer.
      But, いやちゃう…ばってん、試合は2R途中で終わってしもうたばい。
      次はホセ・メンドーサ・ヒロニワはどぎゃんやろか?
      Ken Ishizakaはまだオイの役不足ったい。対戦は来年になるばい。

      でも良か友達ばもててほんなこて幸せったい。

  3. その件に関してはジャパンにおける私のマネジメント一切を依頼しているプロモーター・ハニー・ヨウコを通してくれたまえ。私としては彼女の悲しむ姿を見たくないのだが。ふふっ、しかし、君のおかげで久しぶりにラテンの血が騒ぐよ。

    • ラテン系か東南アジア系か、もしかしたらスペインの闘牛士か…頭の中がぐるぐる回ります。力石徹のイメージ?ともかく大変なことだけはわかる気がします。ワイドさん!残念ながら既にスケジュールはうまっちょいがです。きばったもんせ!

  4. ややこしい話が無事に落ちたところで
    話は飛びますが
    明日から綾ハーフの受付が始まるので
    早速に申し込みの検討をしたい。

    • ボクも今それを考えていた。今日やっとキロ7分台になったことだし(4キロ地点までは…)
      がんばろうと思う。Kenさんは今年は心を鍛えてリベンジだね。
      いつも犬のようにあんなに早いのにさ、去年失敗したのは「心が弱かった」ともっぱらのウワサだった。

      絶対出ようね。

    • 了解。今週中にはお互いエントリーしましょう。

      Kenにこの言葉を贈る。
      「スタートラインに立っただけで君は勝者だ。」
      さぁ泣け! オレも泣く。(どこかで聞いたなぁ〜)

      もうすぐしたら、ホセメンドーヒロニワから「オレを忘れるな」とコメントがあるでしょう。
      そしてエーデルワイス山岳猟兵さんに言っておきますが、「綾ハーフは仮装大会ではありません」からね。

  5. マタドールのハートに火を付けてくれたね。Mr.KEN.Ishizaka ガラスのふくらはぎは、もう、癒えたのかい?2012’屈辱の綾を忘れたわけでは有るまい。再び
    獣道のアスリートの誇りをけがすような事は無いだろうが、
    崖っぷちの魔王、レンジャー君、ハードなトレーニングを続けているようだな。
    マシーンの調整に失敗しないように忠告しておくよ。
    ところで、今日は猟兵氏の姿が見えない様だが、先日の傷を癒しにスイスの山奥に帰っているのかな?
    ハニー・ヨーコ、あとの事は君に任せる。何があっても恨みっこ無しだ。
    アディオス!

    • ワイドさん…あとの事を任せられてもどげんもなりもはん、がよ。ワイドさんとKEN・ISHIZAKAさんは、ハーフマラソンスペシャリストで見通し可能ですが、いきなりきなり再開した感じのレンジャーさんは気持ちに体が応えてくれるかが「やま」でしょうか…しかし、たいした体力です、皆さん。応援はしますよ~ファイト!それにしても猟兵さん…不気味な静けさですね。

  6. あっ、そうだ。猟兵氏はTRIAL宮崎店新規開店セールに潜入しているかも。そこにはトレランバッグ類は置いていないはずだが。ああ、私の思い過ごしだろう。
    TEAM.RANJER! FIGHT!!

  7. 大正解、今日も不気味に穴を掘ってます、なんと乾燥体重がもう少しで70㎏を切る所まで来ています。明後日頃夢の60㎏台です。

  8. 猟兵さん。過酷なトレーニング(穴掘り?)で
    60キロ代の肉体を達成するなんて…..。
    うらやましい…。 
    毎朝8キロのRUNやっててもなかなか
    達成できないジレンマの毎日ですよ。
    何とか月末までには60キロ台で登りの負担を
    軽減したい。あと2キロの壁を何とかしたい…..。

  9. 猟兵さん。有難うございます。
    そのリーサルウエポンを明日
    トライアルで探してみます…….。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください