90 花切山

  • 田野のTさんと二人行。08:40〜15:40(7時間)
  • 椿山駐車場〜椿山キャンプ場〜花切山〜岩壷山の途中まで?家一郷山〜椿山キャンプ場? 椿山駐車場。
  • 前夜、岩壷山へ行きませんかと誘いを受けた。一度ご夫婦を車に乗せた縁でお付き合いが始まった。岩壷山とはまたマニアックな山だなと思ったが、興味があったのでお誘いを受けた。
  • 花切山までは順調に進んだが、自称・家一郷山分岐で「このまま岩壷山へ行くと往復2時間かかりそうなので、今日はこの辺にして、昼飯にしましょう」となった。それが良い決断だった。自称・家一郷分岐から約1時間は悪路に次ぐ悪路で、道が崩壊してなくなっている所もあり、かなりの緊張を強いられた。以前鹿児島の大箆柄岳に登った際のスマン峠からの下りは強烈だと思ったが、今日のはその3倍は苦しかった。まさに苦行でした。
  • 家一郷山付近はどこがピークなのか分からず、プレートも発見できなかった。地図を見ながらもしや間違えたか?と思ったが目印としての赤テープはしっかりあり、迷う程のことは全くなかった。しかし椿山キャンプ場を前にした学習林の入口で左に降りる所を右へと行ってしまって学習林を2周してしまった。「ウッ!この景色は先程見ましたねTさん? 何じゃこれは?」既に疲れ果てていたので まるでスパイラル地獄でした。
  • ようやくキャンプ場について、椿山へと200Mを登り返し、管理公園でキンキンに冷えた缶コーラで乾杯をしました。コーラを飲んでやっと生きた心地になりました。
  • もしこのコースで岩壷山へ行くとしたら、 距離と時間を稼ぐためにキャンプ場まで車で行き、花切山まで進んで、南進し、岩壷山を往復した方が良いかも。それか好林梅か若しくは内海方面から入るかだ。(2008年11月18日記す)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください