95 鰐塚山 vol.2(三股町コース)

  • 肉体はキツくはないが、気持ちはキツい。
  • 自問自答する山行…それが鰐塚山。
  • 車で行けば楽して同じ景色が見えるのに!!の巻
  • 単独行。登り:2時間28分 下り:1時間50分
  • 田野ICを抜け北郷方面へ車を進め、黒仁田小を右に見ながら3㎞進むと、右に串間・都城・農免道路と書いた案内板が突然出現した。迷ったがここを右折し進むと、すぐに県道33号線へ出た。まっすぐ進むと飫肥方面へ行くみたいだ。とてつもなく広い道路と立派な橋が架かっていた。道路財源がここでも堂々と使われている。ただ行き交う車は少ない。農免道路というよりもハイウェイだな。ちゃんと追い越し車線もあるし。
  • 広渡ダムでトイレし、板谷トンネルへ向かう。トンネルを抜けるとすぐ左手に広い駐車場があった。所要時間2時間弱。走行距離80㎞弱。これだと霧島までと同じだ。
  • 駐車場から登山口入口迄20分舗装林道を歩く、 谷側に崩壊しかけた所もあるので、心が引き締まっていきます。 さらに明るい伐採地の中をコンクリート舗装(これが結構足にくる)の細い道を30分歩くと、やっと本格的に登りはじめる。ここまで右や左へとグルグル回る感じで、帰り1人で迷わないかなと思う。(実際1カ所迷った。迷っても距離がちょっとだけ増えるだけで何も心配いらない)
  • 登山道に入ったら、 ヤブツバキと馬酔木が交互に顔を見せる。こんなに馬酔木があるとは…。まるで馬酔木の森だな。キツイ急坂はないが、だらだらとピークなく登る感じが続く。ランドマークがないので500Mごとに現れる看板をペースメーカーに、テレビ塔をフィニッシュイメージにしながら静かに登ります。 一度ミニピークを迎え、一旦鞍部に出て登り返すと30分程でテレビ塔が見えてくれば頂上も近い。
  • 頂上からは双石山系が小さく見える。徳蘇山系は存在感がある。天気は良かったがモヤがかかり、霧島山系は見えないな思っていたら、うすく北西の方向に高千穂峰が大きく迫り出していた。その大きさにびっくりした。こんなに大きかったけ?もう一度視界が利く時に登ってみよう。
  • 三股町から登るのはちょうど山二つ分登る感じだ。帰りに鰐塚を田野町側から見ると山体がでかいのが解る。時間がかかるはずだ。一人で登るには孤独に耐える力も必要だ。「何故、おまえは山に登るのか?」常に自分に問うていた。「それは達成感を得るため」、…「それはどんな達成感なのか?」…「そんなこと聞くほうが野暮なのかもしれないぞ」
  • 下山中に南の方に形の良い品のある山々は見てとれた。それは小松山らしい。南那珂の山々も私を夢中にしてくれるかもしれない。自分が意味もなく山に登っているような気がして落ち込む時は、他に形の良い山を発見して自分を喜ばしてあげれば良いんだと分かった。「次はあの山だな」と腑に落ちれば気が楽になるし、元気も出てくるものだ。
  • そろそろ山行100回目に向けてロングコースを歩いて調子を上げて行かねばならないが、今日はどうしてもペースが上がらずゆっくりゆっくり登った。こんな日もあるよね…って、自らを慰めながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください