343 高千穂峰(レギュラーコース)

343 高千穂峰_8周年_A登山開始記念8周年として企画実行しましたが、凄い痛い経験をさせて頂きました。今まで当ブログをお育て頂きありがとうございます。343/8年で42回/1年です。回数よりもこの間、足の不調以外は病気ひとつせず元気に過ごせたことを両親に感謝しなければなりませんね。今後はマラソン(ハーフが殆ど)、トレイルラン等のコンペティションにも積極的に参加して競争することで人生を豊かにしていきたいと願っています。

ちなみに6日後は綾照葉樹マラソン(ハーフ)が控えていますが、なぜか落ち着き払っています。時間? ハイどうどうと3時間切りを目指します。

343_B

343_C

↓そう言えばこんな所にも行きました。「スッコン谷渓谷」 小屋が撤去されていました。大水が流したのかもしれませんね。

343_D

14 thoughts on “343 高千穂峰(レギュラーコース)

  1. 隊長!8周年、誠におめでとうございます。
    私めも同行したかったのですが所用のため参加できなくて残念でした。
    高千穂の神様もお祝いにゴッドシャワーをプレゼントされたようですね。それも風と霧と石砂のトリプルで。流石に御身は特別のご指導をいただいてからまだそれほどの時が経っておりませんから。
    記念日でもあり祈念日でもありましたね。甘く見たら駄目ですよ。麗しい時もありますが怖い時もあるのですよ。用心してくださいね。
    とおっしゃりたかったのでしょう。
    レンジャー様、ますます逞しくご成長いただき私どもを素晴らしき山岳の世界へとご導き下さるように改めてお願いいたします。
    話は変わりますが皆さん、「永遠の0」という小説をご存じですか?生意気にも本日は本の紹介をさせていただきます。
    9年ぐらい前に刊行されたのですがつい最近、この小説が映画化されるにあたり桑田佳祐様が挿入歌「蛍」を作曲し、もちろん歌うのですがインタビューの内容を聞いて興味を持ち、読んだ次第です。ゼロ戦のパイロットを主人公に、それも特攻隊の!
    泣きました。感動しました。言葉になりません。お勧めします。人とはこう強く、美しく有りたい。
    あぁ、ちょっと取り乱しましたがこのような小説に出会えたことはないですね。私の娘は早々と刊行された時に読んでおり、やはり泣き崩れたそうです。
    話が相当横道にそれましたが、マリちゃん様からいただいたワイン、ご馳走様でした。濃厚な赤で適度な酸味もあり中々のものでした。
    今度はワイン談義でもいかがですか。
    私が8周年記念にプレゼントしようと思っていた清酒は早々とMAD DOG氏が空にして隊長の口には入らなかったそうですね。こちらも爽やかな味でした。銘柄は「南部美人」でした。
    記念登山に参加できずコメントは控えておりましたが恥ずかしくもスリップ、ストリップしながら日頃の感謝の言葉にしたいと思います。

    • 山の神は「レンジャーよ、頂上に来るに及ばず。子を守り、友を守ることが誠の道である。」とご教示されたのでしょう。撤退は名誉であり、進むは恥にございます。

      「永遠の0」は全く知りませぬ。
      勝手な憶測ですが、タイトルと先輩の仰り用に零戦のゼロと、戦闘行為の只中にいても精神世界の善悪どちらにもつかないニュートラルな状態(ゼロ)にならんとする意思こそが、これからの未来の日本人への礎にならんとした若者の世界観が見えます。人間の根源意思として善のプライオリティを持ち続け、己の命を根源のゼロとして出発し、後世の日本人の善の精神に大きな飛躍を期待して太平洋に散っていった若者の物語。←すみません、当てずっぽうです。

      まりちゃんは酒好きです。いや酒の方がまりちゃんを離さないのかな? 多分お二人意気投合しますよ。腕をクロスしてドイツ人みたいに飲んで下さい。でもKenちゃんを入れると大事なとっておきの酒を狂った犬のようにバクバクバクと三口で飲み干すかも。それも楽しいな。この前はバイトで来れなかったけど、今度は「救世主まりちゃん」は中年親父を元気づけるためにやって来ますよ。

      8周年記念事業(?)を無事終えることができましたのも、今年の真夏に夷守岳で地獄図から抜け出すために、山神の怒りを鎮めんと恥ずかしながらストリップで祈りを捧げながら山を走り回った神事があったからですよね? あれは山と一体になれた感があった。最高だった。

      • WIDE野山海先輩から
        「”永遠の0”の内容は全く違う、いい加減本をお読みなさい」と
        クレームを頂きましたことご報告申し上げます。

        「とにかく泣けるから」と電話で55分も語られ、疲れました。(お互いPHS持っているので通話料無料)
        こうなったら意地でも読まないぞ(笑)

        • 昨夜の長電話、失礼致しました。急に冷え込みでしましたので綾に向けて体調を整えましょう。

          • 綾では長袖の選択肢もあるのか? 雨が降りそうだし、100円合羽で間に合わせるか?

            それよりも、WIDE先輩が高校生の頃…
            「ボクは先生の授業を受けるよりも、サルトルを図書館で読んでいたほうが有意義だ!」と言い放ち授業をボイコットした故事(?)に惚れました。これで実存マニアが3人目だ。

  2. 綾、当日の天気は降雨率70%と今朝の新聞に出ておりましたのでカッパ等、雨、防寒対策をしたほうがいいでしょう。
    晴れて今日くらいの気温でしたら短パン、半袖シャツがラジエター効率が上がるのでベターと思いますが各々個体差がありますのでそれなりの準備を入念にしましょう。スポーツ飲料はアクエリアスの500ccを一本ウエストポーチに入れ、飴玉少々、エイドは水は潤沢に用意してありますので粉末のサプリを2包程、できるだけ身軽にしようと思っています。
    個人完結型のロードレースはこの程度の準備でいいですが山は大変ですね。落ちたり落ちてきたり打ったり見えなくなったり濡れたり寒くなったり降ったり、危険因子が相当あります。戸から戸までタイムスケジュールも事前準備で周到に計画しなくてはなりません。人数が増えれば増える程それこそ個体差も考えなくてはならないので、隊長、いつもありがとうございます。お陰様で快適な山岳ライフを楽しんでいられます。
    そして、サルトルの話まで及ぶとは、面白いもんです。(懐)

    • 水しか置いていないエイドか…たまんねぇ。
      酒でも出してくれよぉ。

      それからサルトル先輩、今夕10kmが62分でした。1キロ6分20秒ですね。
      足切りはクリアできそうです。後は雨による寒さ対策ですね。
      だから酒でも出してくれよぉ。

        • ああ、そうか6分12秒ですね。文系ランナーはこれだからね。
          綾の詳細な地図を用意しました。どこで先輩に追いつき、抜き去るか地図に示しておきましたよ。
          それで先輩がゴール前で劇的に抜き返し、噛ませ犬レンジャーが地団駄を踏むという設定ですので、協力をお願いします。
          Ken Ishizaka? 彼にヒト語が通じるとは思えない。

  3. 走れず只ひたすら…….。
    本番まで密かに休息中・養生中です。
    6分12秒はすごい!!

    • 術中にはまってくれてありがとう。
      養生し過ぎで大会を忘れないようにね。心配だから朝迎えに行きます。

    • もう闘いは始まっています。先輩には五ヶ瀬トレランでは2回余裕で追い越されましたからね…。
      先輩に勝つ秘策はゾーラ・バット嬢ばりの華麗なる足技かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください