104 双石山と奥の院

  • 2人行。九平登山口>第4展望所>大奥の院>奥の院>九平登山口
  • 最近 第4展望所から九平側へ少し下りた所に右へ行くよう促す赤テープがある。そこを右に曲がり5分も行くと左上の彫り物の磨崖仏がある大奥の院へと続く。
  • 問題なのは九平へ下りようとして誤って大奥の院へ行ってしまう可能性が高いことです。大奥の院から九平迄の下りは滑りやすく、素人には決してお勧めできませんし、何しろこの地は行者さんが活動されている場所です。登山者と目的が違うのですから訪れるのは極力控えましょう。
  • 私はずっとこの場所を敢えて知ろうともせず、立ち入らないように気を付けていましたが、ある時辿り着いてしまいました。その後、1ヶ月後九平側から登った際に表題の赤テープを発見しました。この赤テープに導かれてルートを外した結果、求めずとも磨崖仏まで辿り着いたのだと判り怒りが湧いてきました。いわば何回も訪れている私でも間違って大奥の院まで導かれてしまうことは、何の知識もなく双石山に登ったら最後、どこをどうやって県道まで下っていいか判らなくなり遭難者が出るということを意味しています。
  • 何故この場所を人に教えなければならないのでしょうか? この赤テープは外した方が良いと断言できます。観光目的で大奥の院へ行っても何の得になりませんし、かえって神聖なものを汚すような心持ちで心苦しく思えます。何かの目的で下から行くのは理解できますが、大奥の院の頭上から不躾にお邪魔するのは如何なものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください