108 韓国岳北峰 vol.1

  • 2人行。
  • 硫黄山北斜面の念願のオオヤマレンゲを写し、硫黄山を横断し、韓国岳1合目の枯沢を左に行く。途中何度も迷いつつ無事爆裂火口後の鞍部に辿り着く。Sさんがいたので複数ルートを確認しながら進めたのが良かった。
  • しかし実際に歩いてみると、全く赤テープが場違いな所に貼ってある。苦労して鞍部に辿り着くのに1合目から1時間もかかった。崩壊地の真下を行くのがベストな道順だと、帰りのルートで分かった。もし崩壊地の上から落石があると命に関わることなので、崩壊地をトラバースせずに森の中を進むのが最善のルートなのだろうが、森の中のルート案内がはっきりしないので落石に気をつけながらトラバースするコースを選ぶだろう。次回は1合目から30〜40分で鞍部に着くだろうか。
  • 鞍部からゆっくりコースを確認しながら30分かけて北峰に向かう。霧島では珍しく荒々しい岩々だ。足場も悪いし、慎重に登らざるを得ない。このスリルは新燃岳周回のウサギの耳のてっぺん以来だ。頂上はプレートは無く、積み石があり、雰囲気が良い。あの『くびれ』も本峰も見てとれた。長く居たかったが、雨が降ってきたので早々に退散することにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.