347 矢筈岳と釈迦ヶ岳

DSC09934

釈迦ヶ岳-01午前中に友人、知人、恩人等が参加する青島太平洋マラソンの応援に行きましたが、すごい参加人数で中々その方々に気づくこともままならぬ程でしたが、お一人だけの後ろ姿が撮影できただけでした。誠に残念でしたね。それにしてもスゴイ熱気ですね。かぶりものをしたおバカさん(褒めているんだからね)や、前宮崎県痴事も走ったりで、あんな中途半端走らせるよりもオレを走らせてよと怒りを覚えましたね(笑)。

気を取り直して迷彩変人(失礼)の山岳猟兵さんと釈迦ヶ岳に行ってきました。山の奇人の私としては午後からの4時間内でも精一杯のことをしようと、矢筈岳も入れて周回コースとしました。途中で道無き道を進み、山岳猟兵さんからの信頼が一気にしぼみかけましたが、何と結果的にショートカットに成功し、安堵したところです。

大川原林道を上り詰めて、東へ矢筈岳に向かい、もう一度林道の上り詰め地点に戻ります。その後は西矢筈に進まずに西へ伸びる林道がきれいに整備されていましたので、一昨年からするとそのまま林道を歩いた方がスマートかなと思いました。

DSC09918DSC09920 DSC09922 DSC09930

DSC09943

DSC09944

DSC09945 DSC09948

DSC09949

DSC09951 DSC09952 DSC09953 DSC09955

DSC09956 DSC09958 DSC09962 DSC09963-1

DSC09965

DSC09964

DSC09966 DSC09968

2 thoughts on “347 矢筈岳と釈迦ヶ岳

  1. 普通の登山道を通っていては味わえない経験をさせて頂きました。これは皮肉で言っているわけではありません、楽しかったと言う意味ですのでお間違え無く。藪漕ぎは大変でしたが、通った事のない道を歩くというのは緊張感もあり楽しいものです。
    ※都合3回程、サルカケ(サルトリイバラ)に足止めされましたが!
    夕べ遅くまで編集されていたみたいですね。お疲れ様でした。

  2. 猟兵さんの体力が落ちていなかったことに驚きました。初冬とはいえ、気持ちの良い山歩きができました。
    すでに私の中では猟兵さんが雪山でスタックする姿を思い描いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください