353 双石山

初登りは双石山へ。正午から登り始めました。

12_48_58

DSC00384

12_05_44

12_14_09

12_52_57

13_08_40

13_20_15

くだり

姥ヶ岳201401

14:35:08

IMG_0073

14:57:08あのクルマの人達どこに行って、いつ帰っていたんだろうか?

去年は珍しく道迷いの遭難事故がなかったと記憶しています。その記録を延長させたいために、山頂真下に大奥の院へと導くテープが2本巻かれていたのを見つけたので、剥ぎ取りました。文句のある人は遠慮なくコメントをどうぞ。
あそこのエリアが一番道迷いが多い。行きたい人には大事な印だけど、大奥の院の存在すら知らないのに善意で導かれ、揚げ句の果ては迷っちまって、凍える一夜を磨崖仏と過ごさせるなんざ、山の達人が絶対しちゃいけないことだね。携帯は繋がらないし、夏はマムシの巣だよ。土地の特徴を捉えてテープを巻くべきかと思う。
運良く大奥の院を抜けても奥の院に辿るあの分岐点を素直に左へと曲がれる人は少ないのではないかな?
ボクは何度も行っているけど、いまだに迷う。そのうちエセ霊能者が「パワースポット」と言ってバカを集めるかもしれない。本日剥ぎ取ったテープの先にははっきりとした踏み跡が見て取られた。多くの人が通っているようです。観光コースではないのだから、磨崖仏はそっとしてあげるのが良いのではないかと感じています。

4 thoughts on “353 双石山

  1. 明けましておめでとうございます。
    初登山と初詣を元旦に済ます
    良い元旦の過ごし方の見本です。
    同じ考えの人たちの姿が
    見えないのが不思議ですね…….。

    • おめでとうございます。

      双石山は背後に魔界のような広さを持つ山系だからね、密度が低いので出会わないこともあるかな。初登山と初詣を済ませたら、明日からいよいよ本格登山だ。

  2. 明けましておめでとうございます。(2度目ですが)明日から本格登山ですか、羨ましいです。正月は囲炉囲炉あって身動きがとれません。でも山は逃げないそうなので焦らないようにします。姥ヶ嶽神社から年賀状が届いていました。1度お参りをして記帳しただけなのに恐縮しています。今日、清武に墓参りに行きますので時間があったら神社だけでも行こうと思っています。

    • 姥ヶ岳神社の戸高宮司はそこらあたりがしっかりしていらっしゃいますよね。
      一度記帳されると必ず神様に奏上されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.