358 白髪岳と陀来水岳

白髪岳MAP文字入白髪近辺_俯瞰図B熊本県の有名どころ「白髪岳」と西尾根沿いにポツンとある、陀来水岳(だらみずだけ)に初めて訪れてみました。スタートが09:36でゴールが13:42ですので、計4時間6分の行程です。食事こそ摂りませんでしたが、これ以上ないほどゆっくりと回遊しました。白髪岳は全てが美しいのでハァハァ言わせながら急いで回る意味は絶対ありませんね。
データ的には、距離が8.69km、標高差427m、累積上りが649m、下りが635mという数値になりました。ペースは28.27分/kmです。

金曜日から風邪を引いてしまって最悪の週末でしたが、気力で2日連続で山に行き、温泉に浸かり、メリハリをつけようとサウナにも入り、水風呂にしっかり浸かり、これ以上なく体を労ってきました。
白髪岳との出会いは今から遡ること8年と2か月前に宮崎県側の東霧島神社からの高千穂峰への登山中に教えて頂いたのが最初です。(あの時のご老人は白髪岳の天狗様だったのかな?)ネットではよくお見かけする山域ですが、このトラウマがあったのとあさぎり町免田からの入り口が地図上では分り辛そうだったので放っておきました。しかし山岳猟兵さんの旺盛な新山への熱き希求が私を動かしました。

IMG_1665 IMG_1667

IMG_1671

IMG_1691

↓ 右を向いても左を向いても看板ばかり(学習林です)IMG_1674

IMG_1681

IMG_1697 IMG_1712

IMG_1715 ↓ 今度は左のお山がターゲットIMG_1725 ↓ こちらの市房山は当分行かないつもり……IMG_1727

IMG_1742 IMG_1744IMG_1745IMG_1746↓標高1.417米 カンマを打つ位置が真似できない所に撃っている。IMG_1747 IMG_1750 IMG_1752 ↓ 白髪岳は白骨林なのか? 夏に一度来てみよう。IMG_1753

↓ 白髪岳の頂上は賑わっていたので、静かなところが好きな我々は陀来水岳へ向かうことにした。IMG_1767 ↓天狗の腰掛の枝と、その下に”小天狗”じゃ。 IMG_1772-970b↓ 目の前が陀来水岳です。IMG_1776 IMG_1778 ↓ どうしても左足のスパッツがズリ落ちてしまうのが今の悩みかな。IMG_1782

↓ 陀来水岳から引き返してトラバースしながら下降する。目指は対岸に見える林道だ。IMG_1787 ↓ 最深部で沢に出合う。ここを渡河して急坂を登れば林道に出る。IMG_1795 IMG_1798 IMG_1799 IMG_1801

IMG_1809← 林道出会い地点から奥に5M進んだ所にあったモニュメント。

林道から陀来水岳へ向かう地点にテープはないのでこれを見れば5M引き返し、沢方面へ降りれば良いことになります。

これを撮ったもうひとつの理由は昭和55年といえば私が19歳で既に熊本に住んでいた頃で、「その時に出来たんだぁ〜」というノスタルジーを感じてからでもある。

時代は田中角栄氏後継の権力争いまっ只中に大平政権が倒れて、鈴木善幸内閣となった。政治が内輪もめをしている間に経済は自動車輸出を中心に躍進を遂げて”Japan as No1”の下地をつくっていた頃だ。未だに政治は三流だが、経済も三流になりかけているのを”林道の荒廃”の現状にも重ねて見る。

山に経済成長という希望を見いだし、いそいそと林道を延伸させてきた国家戦略の成れの果てのモニュメントでもある。立派すぎるモニュメントだけが34年後の今でも朽ち果てないで残っている。この林道は荒廃がひどくて入口で鋼鉄の扉で閉じられているのが悲しい。

IMG_1812 林道の向こうに見えるのが先ほどまでいた”陀来水岳”です。かなり下ってかなり登り返します。IMG_1816 ↓ しきりに「カミさんを連れて新緑の頃に来なければ!」を連発していた。
まったく顔に似あわない優しさを持つ小天狗様だIMG_1820

7 thoughts on “358 白髪岳と陀来水岳

  1. きれいな景色がいいですねえ。頂上には何人かの登山者もいらしたみたいですね。
    天狗様の腰掛木にはびっくりしました!天狗様が座っていらっしゃるのが想像できる…というより、本当に木に座っておられる感じがしますが……
    川の水も凍っていて不思議な模様をしていますが、寒さより清らかさを写真では感じるのも不思議と思い、コメントいれました!

  2. ハニーさん清らかさを感じて貰えて良かったです。本当に清らかで清々しい所でした。普通に登って下りてくればここは登山と言うよりハイキングコースです!但しレンジャーさんと私がそのまま下りて来る訳がありませんそのお蔭で清らかな写真が撮れたとは思いますが!

    • そうそう、小天狗様の言う通りじゃて。気楽な尾根ばかり歩いていても清らかなお水様には出会えんものじゃ。

  3. 2月16日の人吉マラソン(親子の部)の帰りに白髪岳に寄ってみようかと考えています。天気次第ですが。
    これからも子供とたくさん山に行きたいので、またいろいろと参考にさせていただきます。

    • お子様が喜んで満面の笑顔になられることが容易に想像できます。私は何年も計画していながら、ようやく行けたのは何となくあさぎり町免田から入るポイントが分りづらそうだったためですが、今はナビも性能が向上しているので簡単に行けました(国道219号線から県道260線に入ると後は看板が誘導してくれますよ)。
      注意するのは曲がりくねった舗装林道が未舗装部に入った所で車高の低いクルマは底を打つ可能性があります。しかしそこにクルマを停めて歩いても10分で登山口に着くことができますよ。

      人吉マラソンのハーフに私たち3人がエントリーしています。向うでお会いした時はよろしくお願いします。

  4. 超、お久しぶりです。
    お元気そうで、なによりです。
    相変わらずの拘りの山々、色々歩かれていますね。
    白髪岳、熊本の分県ガイドに載っていたので、遠征のついでに行きました。
    このような山は初めてで、展望が抜群でした。気温は低かったのですが氷結はありませんでしたね。
    解りやすい解説のページです。利用させてもらいます。

    すみません、たまたまピットしましたもので。

    • のんびり夫婦様 ご無沙汰をしておりました。九州に来られたのですね。
      それにしても、また随分とお御足の方が長くなられましたね〜
      相変わらず仲もお宜しそうで、うらやましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください