359 北郷トレイルランニング トライアル

北郷トレラントライアルMAP北郷トレランロングマップ2月23日にエントリーしている第2回北郷トレイルランニングの試走(トライアル)をDingo師匠と行ってまいりました。距離23km、累積標高1880mあるこのコースは昨年よりも累積標高差が加算されて難易度があがっていますが、トレラン初心者の私は何も失うものがなきがごとく、何事にも恐れることなくぶつかってゆくと決めています。しかし制限時間6時間はきびしいですが、泣きの作戦で完走させてもらいましょう。完走賞は自分で作れるし…(笑)。

早朝7時に蜂の巣キャンプ場を出発しました。しかし1時間もたたない内に、主催者が公開している地図通り進んでも悪路で(現時点では)ありまして、通れない道なき道となっていました。結局1時間右往左往しながら車道に戻り、距離を追加するカタチでリスタートすることになりました。

DSC00714 DSC00715 DSC00716 DSC00717

DSC00718 DSC00719 ↓ 一旦下ります。DSC00720 DSC00721 DSC00722

DSC00723 DSC00724 DSC00725 DSC00726 DSC00727

足湯がある地元産品を販売している美人の女性スタッフにルートのことを訊くと「ごんはる(郷原)に聞いてあげる」と連絡をとって頂きまして、2月2日にテープを付けながら整備をすることになっているそうですので、試走を計画されている方はその後に実行された方が良いでしょう。

09_32_58 09_41_26 09_54_59 10_02_56

DSC00739 DSC00740

DSC00741

DSC00742

DSC00743 ↓ 林道終点をそのまま上へとかけあがるDSC00744 DSC00745

DSC00746 DSC00747 DSC00748 DSC00750 DSC00751

猪八重渓谷のルートは全てが順調に進みました。切り通し分岐から岩壺山へ向かうルートは猿の大群が待ち構えていました。しかし仁義無き闘いの最中みたいでグループ間抗争のまっただ中という雰囲気でした。 岩壺山頂上に辿り着くとFacebookでお見かけしたお顔が二つありました。「城さん」と「Pyonsさん」です。何でも私とWIDE先輩と以前辿ったルートを辿りに来たということで、私のHPのコピーを持参されての山行です。自分が投稿した記事が元で山行されるのですから、本当に信頼に値する記事と地図にしていかなければならないと自分を戒めました。

 DSC00752 DSC00753 ↓ 猿ではありません。Dingoです。DSC00754 DSC00755 DSC00756 ↓ 城さんの負荷は通常7kg今回負荷10kg計17kgだ。DSC00757 ↓ お二人とは本太郎駐車場でお別れです。またお会いしましょう。DSC00758

DSC00759 DSC00761 DSC00763 DSC00764 DSC00766 DSC00767

さらに、帰りに復路の花立山の高さをを無視するわけにもいかず、このまま標高を稼がずに蜂の巣キャンプ場に帰ってしまうと本番への意識が希薄だと思われたくないのもある。いわば負けず嫌いなのだ。「登ってやるか? 道ないけど!?」足湯付近から無理して花立山に突っ込み、史上最大の藪漕ぎを90分もやりました。頼りはGPSですが、GPSは方向と現在位置を指し示すが、障害物までは表示してくれません。イバラ、シダの海、オーバーハングした岩等目白押しで半袖の私は相当傷だらけとなりました。温泉の湯が染みて染みて大変でした。Dingo師匠の帽子はトゲやイバラでボロボロになりました。

DSC00770 DSC00771 DSC00772 DSC00773 DSC00774 DSC00775 DSC00776 DSC00777 DSC00778

DSC00780deathmatch-2猪八重渓谷以外のルートでコースを見失ったり、コース開拓までやりましたが、正直言うとそこまでしなくても良かったかな。私もDingo師匠も「イケイケな性格」なので冷静な性格の人が必要かもしれません……例えばあなたです。いえ山岳猟兵さんもイケイケの危ないヒトです。 結局10時間14分、総距離が31.27kmで余計に8.27km走っていますね。累積標高差は楽に2,000Mを超えたでしょうね。(不思議と累積標高差はiPadのソフト『やまやま』的には表示されない)疲れるはずです。しかし実走したGPXファイルをGoogle Earthに手渡して計算させると距離30.7km、標高差1745mと表示されるので、どちらの方が正しいか定かではありませんが、トラック情報(設定で10秒間隔にしている)に測定するGPX形式と随時方式では数字が違ってくるのかもしれません。

さてさて2月に入ると私もDingo師匠もWide先輩もレースが目白押しとなりますので、この日が北郷トレラン試走のラストランとなりました。2月、3月とレース中心になりますのでお山の方は少し登る回数が減るかもしれませんが、レースの記事は更新してまいりますので太めのベジタリアンである私がどう変わっていけるか温かいお気持ちで見守って頂ければと思います。

追記)↓ 新しいソフト(TrailRunner)でGPXファイルを開いて描写してみましたが、距離もデータ通りなのでこれが正しいと思われます。※ペースはPaceが正しいです。ゴメンナサイ。

23キロを360分で帰ってこなければならないので、15.6min/1km必要ですね〜。相当難しいです。

iTrail画面2

14 thoughts on “359 北郷トレイルランニング トライアル

  1. Dingo師匠も凄いですがRangerにも野生児
    のオーラが見えるようですよ…。
    来月の北郷トレラン健闘を楽しみにしてます。
    まだ野生に戻れそうにないMUJIなKenの遠吠えです。

    • Kenちゃんの分まで苦しんできます。大会まで何とか体力アップと体重減が図れたら笑顔でゴールできるのだけどね。
      「鋼の脂肪」が邪魔しちゃって苦闘しています。
      何しろ40キロ走っても1キロも体重がオチねぇ。まるで「前座の落語家の卵」みたいじゃ( ̄▽ ̄)。

  2. こんにちはー!
    コース案内ありがとうございました!
    無事北郷駅まで着きました。
    最後の県道歩きはめちゃきつかったです!
    またレンジャーさん記録を参考に計画します(^.^)

    • 殿様キングスのジョーさん、先日は偶然お会いすることができて楽しかったですよ。
      しかしまぁ17kg背負って、曽山寺駅〜斟鉢山〜赤松展望所〜花切山〜岩壺山〜本太郎〜猪八重渓谷〜北郷駅まで縦走できましたね。恐るべき体力です。感心しました。
      PLANのページを見られて参加されたい山行があれば遠慮なさらずにどうぞ。山岳猟兵さんともども今後ともよろしくお願いします。

  3. TEAM RANGERにDingo師匠に続き強者が入る予感!「ここで猟(老)兵はただ消え去るのみ」なんてね!イケイケ猟兵はTEAM RANGERに囲炉裏大王として君臨し続ける事でしょう!

    • これはこれは囲炉裏大王様にご降臨頂きました。
      囲炉裏の火は守っておられますか?
      隊員の士気にかかわることなので命の火を灯し続けて下さいね。

      しかし真面目な話ですが、岩壺山の頂上で4人が交わした言葉の8割は「囲炉裏ばなし」でした。
      みなさん期待されていますよ。

    • 次の囲炉裏会議はハクモクレンの咲き始めた頃かな?
      その時までみんな元気でいてね〜

  4. こんにちは! しもべ~ずの一人です。
    先日はコース案内ありがとうございました♪ おかげで予想していた時間より早目の電車で帰ることが出来ました。
    でも、別れた後に凄いドラマが展開されたんですね! あそこで別れて良かったです(笑)
    こちらはですね、深夜に凄いドラマが展開されてたようですよ? 私は熟睡してましたけど・・・。
    またご一緒出来る機会がありましたら宜しくお願いいたします (^_^) /

    • pyons様コメントありがとうございます。まさか「しもべ〜ず」に食いついてくるとは思いませんでした。これで二人目ですよ。S山岳会には参ったな(笑)。
      縦走お疲れ様でした。柔らかなトレイルコースから舗装道路に出ると足がパンパンに張りますよね。あのコースは車道歩きが一番きついと思います。疲労が蓄積されていくような感覚で、本当に大変だったこととお察し申し上げます。

      >>深夜の凄いドラマ……いつか聞かせてくださいね。誰かさんの足がコブラツイストの技をアントニオ猪木にお見舞いされたとか……

    • 「あれ甘柿だよ。試してご覧よ。」
      そそのかされて、北郷の道ばたの柿をもぎり、一気に食したことを思い出します。
      美味しくて力が出て、それで楽に北郷駅に着いて、お礼のビールへと結びつくわけです。

  5. お疲れ様でした。あの最後の藪こぎは,指宿の巾着袋事件を彷彿させるドキドキ感で,このあとどうなるんだろうという思いがちらっとよぎりましたね。

    スタートが本番より早い7:00で,ロスタイムはあったものの15:00には戻ってこれるだろうと踏んでましたが,まさかの日暮れ前17:00到着。本番がどうなるやらと心配ではありますが,最後の蜂の巣キャンプ場に向かう道でもしっかり走っていたレンジャーの気力には敬服するものがあります。今後が楽しみですが,くれぐれも故障のないように。

    それと,カレンダーありがとうございました。誤植にはすぐ気がつきましたが,県外の写真の部分にも誤表示がありますねぇ。気づいているかな?

  6. 巾着袋事件とは…「巾着袋の小さな小さな玉がコラムシフトの根元に挟まり、後数ミリでシフトがパーキングポジションに入らなかった。クルマのキーが抜けずに駐車もままならず、メシもフロも絶望的で、このままバッテリー切れを起こすのをただ待つのみ…。今夜オレ達どうなるの?」という摩訶不思議ないぶすき菜の花マラソン前夜の事件でしたね。しかし本当の絶望的な悪夢は「オヤスミ」と言い合った後から起こるレンジャーイビキ事件でありました。先程Wide先輩から「来年はレンジャーだけ外でテントで一人で寝るように!」とオーダーされました。

    カレンダーの件、了解しました。種子島と屋久島と思っていた島がそれぞれ竹島と薩摩硫黄島だったいう事実をここで発表しなければなりません。
    ごく一部の方にお渡ししました、カレンダーの表記は誤っています。ここにお詫びとDingo師匠には感謝を申し上げます。
    種子島→竹島、屋久島→薩摩硫黄島 です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.