126 大崩山 vol.3

今日はタイムトライアルのつもりだ。ワク塚尾根から「りんどうの丘」経由で坊主尾根を辿るが、もちろん大崩山頂上には行かない。

スタート06:48>ゴール12:05(トータル5時間17分・休憩なし)

大崩山は23ヵ月振りでした。この山は体の調子が良くなければというか、どちらかと言えば絶好調ではないと行きづらいので延び延びになっていました。特に坊主尾根の下りは、思い出すだけでもため息がでますね。それから涙もちょっと。小積ダキから林道分岐までの50分は息つく間もないくらい次々とハシゴとロープが待ち受けています。今度は登りで使おうかな? 朝一緒にスタートした人達もそうだったし。

今日は単独でしたので、人目をはばからず、最初から最後まで『ハァハァ、ゼィゼィ』言わせながら登りました。登りで『ハァハァ、ゼィゼィ』言うのは高千穂峰の東霧島神社コースの二子岩までと、夷守岳のコースが思い浮かびますが、下りで『ハァハァ、ゼィゼィ』言うのはここの坊主尾根コースだけじゃないでしょうか?

コース案内の「赤テープ」が前回、前々回よりも増えていましたので、分かりやすく単独でも登りやすく、vol.1で「コースも知らん奴が山に入るな!」と一喝された時からすると、断然 やさしい雰囲気に変わっていました。私をおこったこわいオジさん「赤テープ」を取らないようにお願いします。美人の湯で汗を流し、管理人さんに「あれ(2年前)から、車上荒らしは出ていませんか?」とお伺いしまいましたら「あれから出ていませんよ」と仰った。私の2年前の車上荒らしのことを覚えていてくださいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください