ひとよし春風マラソン(ハーフ)

いで湯と球磨焼酎・笑顔の里 第11回ひとよし春風マラソンと正式名称は長くて覚えきれない。しかし愛すべき大会だ。

コースが良質。人が良質。お湯が良質。来年も必ず出る気持ちになった。

IMG_0384↑ WIDE先輩のゴールシーン。

今回は私があろうことかカメラを忘れたのでiPad miniでハニーさんに撮ってもらった。それが私のゴールシーンの写真だけがないのです。あんなに地響きを立ててゴールしたのに見逃したそうです。

記録は1時間52分16秒(ペースは5分20秒)で前回の都農尾鈴の大会より5分縮まった。この記録は80キロレーサー(レースは編まないので勘違いしないように)のボクとしては大変嬉しい。成果としては「ここがふんばりどころだ」だと思えるポイントがはっきり意識できるようになってきたことだ。結果としてズルズルとペースダウンしていくことが減った。

2月11日の都農尾鈴ハーフから5日しか経っていないので、Dingo師匠のアドバイスを守り、大会前は身体を労って無理に練習しないことにした。そこでやっと気がついたのだが、1月12日のいぶすき菜の花フルマラソンで惨めな初体験となったのは、その8日前にフルマラソンを練習で走っており、疲れが抜けきれないまま本番を迎えてしまったということだ。あの日は10kmを過ぎると身体がギクシャクとして油が切れたようになってしまった。「歳を考えろ」と日南出身のドクターMに注意された。

未熟な人間は不安を抱えていると、ついハードな練習を選んでしまう。スマートに(格好良くかつ賢く)ならなければね。
オイラを山に行かない時は「レーサー中城」と呼んでおくれ。くれぐれも念押しするが、レースは編まないってば。

IMG_0282 IMG_0285 IMG_0286↑ このタオルが欲しかったのですよ。

IMG_0297↑ これ以下のプラカードがないのがもどかしい(笑)

IMG_0300

↑ 今回は少し前から出発した。

IMG_0308

ハニーさん曰く「橋の上でポーズをとっていた。急に刀を構えたので切られる…と思った」

IMG_0357

↑ Dingoのゴール。今回も4分の記録更新だ。1時間40分5秒。
手を挙げてゴールしたのは、来年のプログラムの表紙モデルを目指しているからか?

2枚↑ 二人とも記録更新が果たせて何よりでした。共に伸び盛りの53歳じゃ。

IMG_0404

IMG_0401 IMG_0407

↑ 温泉の駐車場に咲いていたサザンカが質素でなかなか良かった。

IMG_0411

↑ 温泉から見る球磨川。1時間前はここを走っていたんだな…。

レースプラン
①カラダが重く(過剰な炭水化物摂取)、体調は良くないが(焼酎の呑み過ぎ)、今までのLSD練習の成果を信じる。スピードは大会が勝手に出してくれると強く信じる。
②前回でハーフ2時間を切ったのだから½付近から出る。(最後尾からのスタートは2分のロスと抜い抜き作業が危険を伴う)
③ワイド先輩には見つからないようにステルス作戦をとる。(端っこを走ったり、大きい人に隠れるようにして2ヶ所の折返しで見つかりにくいようにする)後から追い上げて、気持が緩む最後の5Mで抜くのだ。
④エイドでの栄養補給はしっかりする。

結果は全てうまくいった。

①レースと練習は別物であることが確認できた。
②抜かれるよりも抜いた数の方がはるかに多かったので、人には迷惑をかけなかったはず。
③私もワイド先輩もお互いを一度も発見できなかった。なのでペースが掴めなかった。
④あめ玉、黒糖、イチゴなりが常に口の中にあった。いわばお守りかな。それで良いと思う。肥満界を代表しているわけだから。ただしイチゴは大きかったので2個一度に口にいれたDingoさんは窒息しかけたよ。イチゴはヤバイ。美味しいけど。来年はチューブの練乳を用意しよう。

 

来週は23km、標高差1880Mの北郷トレイルランニングだ。レースは続く。

Races must go on.

11 thoughts on “ひとよし春風マラソン(ハーフ)

  1. 兎にも角にも記録更新おめでとうございます。山は猟兵にまかせてこのままレーサーになっても良いかも?山茶花綺麗ですね。季節的には椿に入れ替わる頃ですね。

  2. ではお言葉に甘えまして、私がサザンカで猟兵さんがツバキってことで入れ替わりましょう。本当にサザンカ終わりですね。
    やはりツバキなだけにヤブがつきものです。宮崎のヤブコギは猟兵さんにお任せしましょう。

  3. 新たなる記録更新ブラボーです。
    80キロレーサーのこの記録は
    目標にしたいがまた足が壊れてしまう
    ぐらいのペースです。
    ともかくマイペースで次の機会まで
    テニスでもしながら調整しておきます…..。

  4. 大会では短い距離に絞るのはどうだろうか?
    良いネーミングが思いつかないけど…

    “Sprinter Ken” ”スプリンターケン”……ちょいと古いな
    “Ken the Sprint” ”ケンザスプリント”……インパクトがない
    “Sprinter has come”  ”スプリンターハズカム”……これだ!春らしくて最高だ!
    「どういう意味ですか」と問われたら、
    『なぁに、春一番ですよ』と言っておけばいいさ。

    嘘だけど。アハハ。

  5. 中4日で記録更新!90切りも間近ですね。
    どんな練習をされているか興味深々。
    同日私たちは温泉跡から前大幡山に向かい雪と格闘してました。
    北郷ではタイム差30分以内に抑えられるよう必死に追いかけます!!

  6. え、S様、北郷に出られるんですか? そりゃお会いできるのが楽しみです。
    岩壺山から花切山に向かって5分の所に良い所があるんですよ、一緒にレース抜けて行ってみますか?
    どうせ制限時間の6時間切れそうもないので。
    もしお互いが体調が悪くて時間オーバーになったら、色々語りながらトボトボとゴールを目指しましょうよ。完走証は私が作ってあげますから。仲間がいるっていいですね。

    「90切り」ってもうゴルフはやめたとです。思い出させないで下さいね(笑)。

  7. ハニーさんがシャッターチャンスを逃すのも無理ありません

     前回の都農では先にフィニッシュして待っていたdingo もレンジャーのゴールを見逃しました。だって,1ヶ月前の指宿が,フルとはいえ6時間半もかかってるので,ハーフでの2時間切りはまだまだ先と思ってぼやっとしてましたから。しかし,都農に引き続き今回も2時間切り。しかも5分も縮めるなんて。ハニーさんは,いきなり使い慣れないiPad miniを持たされての撮影でもあり仕方ないですよね。

     私の方は,1回目の5.5kmの折り返しで約5分遅れでついてきているのを確認していたので,がんばっているなとは思っていたけど,11.5kmの折り返しでもまだ同じぐらいの差だったので2時間を切ってくるだろうと予想していたけど,結局私より約10分遅れでゴール。おかげで今回は見逃さずに出迎えることができました。しかし中4日での自己記録更新とは。やはり「レンジャー恐るべし」ですねぇ。

     「コースが良質。人が良質。お湯が良質。来年も必ず出る気持ちになった。」私も全く同感です。これもすべて,あのスリリングでファンタジックな夜を過ごした指宿の地でのWIDE先輩の誘いがなかったら経験できなかったことです。最大の立役者なのに,なぜか今回はレンジャーのコメントにあまり登場していませんが今大会に誘っていただいたことをdingoは心から感謝していますよ。WIDE先輩,都城さくらマラソンの折り返しではハイタッチを交わして激励し合いましょう。

    •  Dingo先生、わたくしのミスを癒していただきまして有難い限りでございます。御礼申し上げます。
      人吉春風マラソンの総参加者は6700人台とかでしたので、綾町の7000人台と同じくらいで多かったですね。おまけに少々寒くはありましたが晴天で、ゴール地点とスタート地点が近いのは見る方にとっては有難いことでした。選手の昼食も、「お弁当」ではなくて「赤飯・汁物・ぜんざい・お茶パック」でほのぼのとしている感じがしました。また、一般者にも赤飯・チラシ寿司・煮しめなどが安価で販売されていました。ゴミ収集もきちんとしていただき、気持ちのいい応援でしたが、ただ一つ、座るところがないのがきつかったです。次回からはシートなり、折りたたみ椅子なり持参したらいいと思いました。
       ♨もどこもここも多かったのでしょうが、さすが人吉です!かけながしの…しかも高温の有難いところでした。
       ゴールでは1時間前からスタンバイして、気をつけていたのですが、レンジャーさんがわかりませんでした。「今か今か」と待っていたら、後ろからレンジャーさんが「あっちで待っているよ」の声に?でした。
       Dingo先生も、ワイド先輩も、レンジャーさんもお疲れ様でした。無事の完走何よりでした。

  8. 「私が今回2回続けて2時間を切れたのもワイド先輩のおかげです。私のような性格のヒネくれたズブの素人を明るく朗らかに導いて頂きました。今回は誠に残念ながら体調が優れなかったようにみえて、実力が発揮されないままでしたね。捲土重来で都城さくらマラソンではブッチギリで優勝してください…」と心にも無いことを言ってみる。

    Dingoさん、昨日は朝早くから夕刻までお付き合い頂いてありがとうございました。北郷ではハイタッチする場所がありませんが、山中で飛び出た枝で頭を強打した時は「レンジャーからの愛のハイタッチだ」と思し召し下され。「いざ勝負!」なんちゃって。

  9. WHAT  A WONDERFUL WORLD
    なんてきれいな空なんじゃ。
    山間の古城の周りを流れる川面はキラキラ真冬の光線を照らし返し
    空は青に透きとおーっとるよ。山は白銀、霊峰も麗しく猛者共が息を吐いて駆け抜けてゆくんじゃ。
    なんて素晴らしい世界なんじゃ!
    なんて素晴らしい世界なんじゃ!
    OH!WHAT  A WONDERFUL WORLD!
    OH!WHAT  A WONDERFUL WORLD!
    この老いぼれの儂でさえこころが高まっとるよ。

    DINGO殿、買いかぶりなさるな。年寄りの冷や水。この前はちょこっと薩摩の空気を吸いに行ったまで。
    相良の国も良かったのう。
    そろそろ、身を引けとレンジャーから引導を渡されるはずじゃ。
    まあー、あわてなさるな。
    あいや、今しばらく、この景色を眺めておこうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください