130 斟鉢山(加江田〜内山〜曽山寺周回)

単独行。登り、歩き納め。距離:15.7km 時間:4時間03分。

今年の台風13号の接近で宮崎自然休養林はズタスタになり、あちこちで通行止めになっています。本日お会いした方に確認した事実は、

「平成登山道は通れる、しかし家一郷橋は流されて通れず、水深が浅いので丸木を数本渡して橋にしてあるので渡れる」

「かえで橋は通れない、しかも水深が深いので渡ることができない」

「麻畠経由の第2第3展望所ルートはひょうたん淵、硫黄谷両コースとも通れる」

「山小屋前から分岐して桧山に行くコースは通れる」…でした。

 

杉雨荘付近で立て続けに地元の三人の方と会話を楽しみました。

「何の写真撮りよっとね?」とおばあちゃん。

『今斟鉢山からの登山の帰りでして、何か面白い写真でもとれないかなと思って』

「何てや?斟鉢山は反対方向やが」…「何てや一周してきた?」…「まぁー今度来るときは車で来ないよ」…「まぁーどうしたもんじゃろかい、ようがんばるね」

車を停めながら、次の人はおじいちゃん…「あんたどこへ行くつもりね」…『斟八神社の鳥居下の駐車場です』「何てや? ワシはあんたを林道でさっき見たとよ、今ここを歩いちょるが、あんままここまで来たとや?」不思議そうな顔して窓を閉めながら通り過ぎて行かれました。

3人目は仕事中のおじいちゃんで夏みかんを収穫していた方でした、「今からくんぱち様ですか?」…「え、いま帰る所?もう登って林道を下りて内山を通って来たのね?」…「若いっていいね、でも今度来るときは二人で来なさいね、危ないからね」…「そうそうこの山をずっと行くと内海に出るらしいよ、今度行ってみたら?」心配しながら、煽(あお)る方でした。

この方に思い切って伺ってみました。斟鉢山と斟八神社はなぜ字が違うのですか?「それはね、諸説あるのですが有力なのは神社の『八』は省略形なのだと思いますよ」との返答でした。地元の方ならではの説でした。

何はともあれ無事2008年の山行を終えることができました。回数で51回。1年は52週ですので、ほぼ週1の割合で山にお邪魔したことになります。自然災害もあり、必ずしも同じ山に登れるとは限りませんが、体力の続く限りチャレンジして行きたいと思います。

2 thoughts on “130 斟鉢山(加江田〜内山〜曽山寺周回)

  1. ありがとうございます‼️
    はるかなり7年前に行ってたんですね( ^ω^ )
    台風で被害受けたときですね(>人<;)
    これを参考に行ってきますねー( ^ω^ )

    • 大雨の後だから、鵜戸山地完全縦走は穴元登山口を利用したほうが安心かもですね。
      脚が治ったら、後を追います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください