ラン向きの道を調査しました

誰にも頼まれていないけど(笑)、先々日に一部をランした道の全体像が知りたくて、宮崎市東部から西都原古墳群への遊歩道兼自転車道を単独で探りに行きました。宮崎市自然動物園の海側から入ると西都原のゴールまでちょうど23キロというところです。往復に使えばお気軽に?フルマラソンができます。表示の21キロ地点の前までは『人とサイクリストの専用道路』と言っても過言ではありません。

12キロ地点の国道10号線を横切る地点は日向大橋の工事に伴って入れないような看板を以前見かけていましたので、迷わず南面を行きました。

西都市に入ると7個信号がありますが、それまでは一切ありません。最後に西都原へ登る坂がありますが、たった標高差50Mです。超フラットなコースは私みたいに重量級のランナーのLSDにはもってこいだと思いました。


大きな地図で見る

DSC01104 DSC01109 DSC01112↓ 5年前この川を渡ろうとした矢先に「仕事じゃ〜帰ってこ〜い」と言われて渡れなかった幻の川
私はルビコン川と呼んでいる。巷では石崎川と呼んでいるが、何と夢のないことか!
DSC01119 DSC01123 DSC01125

DSC01127 DSC01128 DSC01136

DSC01137 DSC01138 DSC01139 DSC01140 DSC01141 DSC01145 DSC01147 DSC01151

9 thoughts on “ラン向きの道を調査しました

    • おもしろい、私の右手の「L」はLong Slow Distanceではなくて、Love Sweet Devilです。Devilとは愛する妻のことです。

  1. 着てるよねーーー!
    しっかり、菜の花のTシャツ、しっかり、着てるよねー!
    バックもな・の・は・な・!ポージング、してるよねー!
    にやにやしてるよねーー!絶対!
    いつまで里にいるんだい!とっと、お帰りっ!
    あんたのSTATEはあの、ずーっと向こうの山、山、山、の方だろ!
    みんな寂しがってるよ!ほんとに、何、考えてるんだい!

    • フルマラソンで4時間を切るまでは山には帰れません。
      お山さんもがんばれと言ってくれているはずです。

      たまにトレイルランニングでお邪魔するのでまた会おうね。

      このTシャツ着る時に「判る人は分るんだよ」と言いながらハニーさんに撮ってもらったけど、やはりWIDE先輩は気がついたのですね。眼力はスゴイ、後は走力がんばってね。

  2.  さすがワイド先輩…着替え用に急ぎ引き出しから選んだので、菜の花マラソンのときのTシャツとまではわからず、風呂に入るまでの軽い気持ちでしたが、「気づく人にはわかるだろう」とさらっと話した意味がわかった次第です。まるで菜の花畑に選んだような…しかし、体も服も塩を吹いていて、「真っ白」でした、びっくりしました!周りにはたくさんの家族連れや、グループ参加の人で大賑わいでした。特別浮くこともなく、みんなの中に溶け込んでいましたが、「おいらん」のような白い顔は、過酷な道程を物語っているようでした。そういえば、昨年も長女たちと同じ頃ここに参りまして、出店の焼きそばなどをたべましたっけ。春うららの今日のような良き日は、みんなどのように過ごされたのでしょうね♪

  3. お疲れさまー!ロング頑張ってますねー(^.^)
    このコースは一度シーガイヤから走って国道219号までで断念しました(+o+)
    帰りのキツカッタことといったら・・・

    • ジョーさん、そのルートって往復すると、まんまマラソンの距離ですよ。
      ヘトヘトになるのは当り前ですよ。人ごとじゃないように嬉しいなぁ\(^O^)/
      いよいよ6日後は山岳猟兵氏らとの釈迦ヶ岳〜茶臼岳〜掃部岳〜式部岳への大周回ですね。
      ジョーさんは昨年に続いて2回目ですが、下山後に「ボクも山をやめた!」と言ったら大受けするでしょう。

    • これ? 妻へのLoveのLサインなんですよ。
      意味が判ったら、まさか真似なんてできないでしょう(笑)?

      タマに山で、I Love Mountainとやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.