第6回都城マラソン(ハーフ)

ハーフを3回続けて2時間を切ってはきたけど、さすがに難コースになると2時間の壁は切れなかった。素直に反省して次に活かすことにつなげたい。それにしても都城さくらマラソンは素晴らしロケーションだった。桜の開花もベスト。コースのアップダウンも苦しいぐらいベスト。リアルにいぶすき菜の花マラソンを思い出した。登山歴の長い私だが、レースの世界は強者ばかりで恐れ入ります。お気楽登山家の皆様、自分の実力を知らなさ過ぎることを指摘しておくよ。そうあなたのことだ。もっと死ぬ気でがんばれ。気合いを入れろ。

レースの世界はこれでシーズンオフとなるらしい。Dingoからのミッションで風薫る惜春の頃から真夏へと向けて、3つのレースにエントリー済なので休むどころかますます難易度があがっていく。オファーしてくれることに素直に応じて自分を高めていきたいと考えている。山もレースも自分を克服することが楽しいことなのだからね。がんばる価値は大いにあるってものさ。

この3つのミッションが終われば、五ケ瀬トレラン、綾ハーフ、つわぶきハーフ、青島太平洋へのエントリーが始まる。「こうして1年が繋がっていくのだなぁ」と帰りの車中でDingoと話すのであった。DSC01167 DSC01170

DSC01173 ↓ スタート前はまるでカラフルな縁日の風情だ。DSC01172

↓ 朝まで降り続いていた雨はきれいにあがって素晴らしいスタートとなりました。DSC01183 DSC01187

DSC01194 ↓ 「さくらマラソン」の冠は掛け値なしです。DSC01193DSC01196 DSC01198

DSC01202 DSC01204

あぁ、そうそう。ゴール後しばらくすると目の前が少しづつ、そして段階的に確実に暗くなってきた。以前のアナログ一眼でレンズの絞りを絞っていく時に見られた光景そのものでした。

「あぁ、やばい。Dingoさん、目の前が暗くなっていくよ……」

「低血糖症ですね。あめ玉舐めれば治ります。」と言われて、車にあった飴をほうばったらすぐに良くなりました。

レース中のエイドが誠に貧弱で「?」の状態だった。5ヶ所あるステーションの最後の2ステーションでやっとポカリにありつけたが、容量が少な過ぎた。私も今日だけは身軽に行きたかったのでカメラ以外手ぶらで出走した。何も栄養となるものを用意していなかったために、栄養補給に失敗したということだろう。

11 thoughts on “第6回都城マラソン(ハーフ)

  1.  ゼッケンに隠れて見えないけどWIDE先輩のTシャツは、いぶすき菜の花マラソンのTシャツでしたね。あれを見て、作戦かなと思ってしまいました。
    rangerに「指宿の悪夢(夜も昼も)を思い出せ」というメッセージを込めてプレッシャーをかけていたのかと(笑)
     しかし rangerは、そんなこと意に介さず、今月250km超の走行距離を背景にとばしましたねぇ。折り返しで差が約1kmだったときは人吉の快走が頭をよぎり、自分がゴールした後も ranger の到着を見逃さないようにと抽選会もぜんざい振る舞いも後回しにしゴールで待ってました。しかし、10分過ぎても15分過ぎても来ないので、もしかしたらまたゴールを見逃したかと思って何度も周りを見回しちゃいました。ゴールのタイムプレートが2時間を過きたころに疲れた顔でゴールに現れた ranger を見つけたときは何故かホッとしましたよ。
     WIDE先輩と手をつないでゴールするシーンが見られるんじゃないかとわずかな期待もありました。折り返しではWIDE先輩と自分との差が2kmぐらいでしたからね。しかしWIDE先輩の姿は見えず。抽選会を終えた帰りにすれ違ったWIDE先輩は足を痛めている様子でしたね。まさか ranger に毒を盛られたわけではないでしょうが、ちょっと痛々しい姿でした。その後大丈夫でしょうか?
     さて、4月はレースはお休みですね。アップダウンのあるコース克服と山登りを兼ねたトレランに励みますか。

  2. 昨日のレースでは、私の膨らんだ身体は強風をまともに受けて帆をパーンと張った状態となり、前に進むことに苦労しました。
    まさに逆風地獄と逆坂地獄にございました。
    「ここで歩いては、末代まで先輩に、何を言われるかわかったものじゃない」とのプレッシャー地獄をしのぎ、何とか先輩よりも先にゴールしましたが、まさか先輩が負傷されていたとは、「何たる理不尽なことか。神はいないのか〜」とは表向きでありまして・・・。
    先週の「Rangerを潰してやる」との言葉がまずかったかな?ワイド先輩は知恵者なんで毒は喰らうことはないけど、神様察してくれてありがとうね。でもまた不気味に蘇生してきますよ。それが楽しみであります。

    4月は徹底的にアップダウン地獄を味わうメニューにします。ぜんざいは私の分まで回せば良かったですね。気が回りませんでした。次回チャンスがあればWで飲んでください。
    もう何十年もぜんざいを口にしていないハードボイルドレンジャーより

  3. いやー、最高の桜でした。この大会始まって以来の桜満開、おそらく、レンジャーを歓迎したのでしょう。

     さくら ♪ さくら ♪ 刹那に散りゆく定めと知って さらば友よ 旅立ちの時 変わらない その思いを今 ♪

    81歳のTさん、天草の4人衆、スピードファイターのなっちゃん、LIFE GUARDの二人娘、肋骨を破損して今日は応援のN先輩(ひょっとこ名人)
    昨年同走したN嬢は今回10Kで55分を記録してました。都農はハーフで走っていたけど。
    長く走っていると良き友と出会います。
    言葉はそんなにいらない。汗が言葉です。また、今度ね。
    Tさん、凄いです。今回、走る前に話して、10K付近でハイタッチして、完走後、いろいろ話して、元気をお裾分けしてもらいました。いやー、グレートだなー!
    その後、都城温泉に行ったんですが孫たち親族が石山観音寺ランドに応援方々遊びに来ていたので一緒に昼飯食べてからクールダウンしに入浴しました。Sうどん屋さんにレンジャーの愛車が止まっていたので、すでに温泉から上がって昼食かな。と。
    今回、記録は1H5M56S、完敗です。そろそろ、レンジャーが引退セレモニーを準備してくれるようです。

    さくら ♪ さくら ♪ 刹那に散りゆく定めと知って さらば友よ 旅立ちの時 変わらない その思いを今 ♪

    • 早朝と見せかけて深夜3時55分のメール爆弾を2発炸裂させるとはWide先輩、いぶすき菜の花の夜の仕返しをしはりましたね?
      コメント着信を携帯への転送メールにしていたので、爆睡から目が覚めました。おかげで今寝不足です。あの日先輩は寝不足でいぶすき菜の花を4時間台で走られたのですね………。負けそう。いや負けた。

      ところで「見ず知らずの人々にメッセージをこんな所でするのはやめてね。」とは思ってはみたのですが……、
      「さらば友よ…」と告げているのでお別れの言葉なんですね。先輩、正直寂しいです。

      でも私もDingoも81歳のTさんも天草の4人衆もスピードファイターのなっちゃんもLIFE GUARDの二人娘もひょっとこ名人もN嬢も先輩のことは忘れません。多分……。

      I’ll Give You a Big Kiss, Senpai.

  4. PS:
    相変わらず安定走力のおかべっちDINGO!久しぶりでしたね。毎週、スナックAで自慢の喉を披露しているんでしょうね。今回、H嬢も見かけましたよ。
    オオカミのDNAを持ちながら表情はラビット君、細身の体でにっこり、やっぱり、単身生活がいいんだろうな。
    また、ランニング研修会をお願いします。

  5. レンジャーさん
    ハーフマラソンお疲れ様でした(^_^)
    天気も良く、桜も満開で最高のマラソン日和でしたね!これも日頃のレンジャーさんの行いですかね(^_^)(ブラックジョークは耳にしますが…)笑
    次のミッションとは霧島ですよね!
    あと40日ですが、安易に完走できると考えている人が…
    そうだあなたのことだ!死ぬ気で頑張れ!気合いをいれろ!(笑)
    冗談ですが、お互い頑張りましょう(^o^)/

    • ブラックジョークもミッションも人生を楽しく生きていくために必要なことですよ。

      スピードランナーのヘッシーさんが112kmの耐久レースに臨む心境って興味がありますね。
      ぶっちぎりでゴールを目指すのか、あるいは旅気分で霧島を慈しむように歩くかのごときスピードで望むのか。

      私は72kmのコースだし、もとより玉砕覚悟ですから何のプレッシャーもありません。上級者には上級者には悩みがあるんでしょうね。私の場合、去年の10月からハーフに出始めて、今回で6回目のハーフの大会でした。最初から5回目まではレース当日が楽しみで、スタートの号砲が鳴るのが待ち遠しい思いでありました。何しろレースはど素人のメタボ親父ですからね、失うものは何もありませんから、鼻からかなりお気楽でした。

      しかし今回の朝は変なプレッシャーがかかって気分がブルーでした。自分を観察してみたら「自分に過大に期待している自分がいる」ことに気づきました。笑っちゃいましたら、気が楽になりました。「オイオイ、お前以外誰も期待していないぞ。勘違いするな。」ということです。

      112キロ霧島うるとら旅まらそんでは、ヘッシーさんには死ぬ気でというよりも、スマートにゴールしてもらいたいです。私はもし途中で焼酎Nakayamaさんをお見かけして、ヘロヘロだったらワインでも一緒に飲みながらゴールを目指そうと考えておりますよ。

      「酒を飲んだら失格」って大会要項にありませんよね?

  6. レンジャーさん
    参加することに意義があるから、
    記録への挑戦に変わって来たんですね(^_^)
    (スーパーサイヤ人に確変中⤴︎)
    私も、最初は完走が目標で始めたのに、今では自己記録の更新の為に走っています!
    今回のウルトラも初めての参加なので、完走が目標ですが、実はタイムはかなり意識してますf^_^;
    なので、途中でのワインチャージは無理なのでゴール後に祝杯を上げましょう

    • ヘッシーさん、自己記録への挑戦はささやかな楽しみであります。(大きな声では言えませんがぁ)

      祝杯の件、今からハンドルキーパーを探しておきます。
      ひょっとしたら焼酎Nakayamaさんと既にできあがって酩酊状態かもしれませんが、
      祝杯は何杯あっても困るもんじゃないしで、よろしくです。

  7. コメント内焼酎の活字が気になって『そわそわ』します。霧島ウルトラはレンジャー様と途中並走ワインチャージできるように、3時出走、5時間後の8時着が霧島神宮着が個人的な関門です。玉砕しても最高の思い出を残します。祝杯が待ってます。

    • 私の72キロコースは8時に霧島神宮をスタートです。焼酎Nakayamaさんは既に40kmを走り切っているわけですね。
      どこで一緒になるか分りませんが、そこから私とワインチャージしながら霧島市役所を途中横川駅まで寄り道しながら72kmを進むのです。
      これがどんなに楽しいことか!
      そわそわ、ワクワクする気持はエントリーした者じゃないとわかるめぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください