140 石堂山

  • 二人行。石堂山は西米良を代表する米良三山のひとつですが、その名に恥じぬ登りごたえのある山でした。井戸内峠を車で過ぎ、6合目前付近からの上り始めでしたが、十分手応えがありました。私は毎週のように体は動かしていますが、この井戸内峠コースは急登の連続で最初から最後まで筋肉に張りがあり、痛みまで生じました。 こんなことあまりないことですね。
  • 頂上だと思わせるピークが大が3個、小が4個ありました。心の中で「ヤッター頂上だ!!」と叫んで、その後ガクッと気落ちすることが5回ありました。その喜びと落胆が交互に訪れて楽しかったですよ。「仏の顔も三度まで」どころではなく、「地獄に咲くピークの花かな?」状態でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.