霧島うるとら旅まらそん72km


5月10日8:00から20:00迄の予定で走りましたが、私は残り16kmを残して17:42に56kmで散りました。ウルトラには走力と知力の総力が必要だということが分りました。捲土重来を目指して明日から諦めずに一歩一歩前進です。どうしてリタイアしたとかの理由とか体の変化のプロセス等は伝えても意味がないので書きません。私はわたし、貴方はあなたですからね。ただ写真を見て感じて頂けることがあって自分も変わっていけるという可能性を感じて頂けたら幸いです。ご存知のようにレースの世界での私のポジションはド素人です。なので自分はすごいんだぞという情けないブログではないことだけは分っていただけていると信じています。 ゴールまでのチェックポイント等の速報はこちらで見れます。いろんな方々との出逢いで、こうして霧島路を72km走れるという数奇なストーリーを噛み締めながら、「火山の山から錦江湾までが霧島だぁ!」を体感してきました。 image うるとらマラソンコース72km俯瞰図文字入2

↓ 111kmの部の仲間を見送る。時間は3時前。DSC01673

DSC01672

↓ 最近のお気に入りQsama

↓ 3時間後の6時に霧島市役所からバスに乗ってスタート地点の霧島神宮まで向かう。DSC01683

彼(タカフミ)はやると確信はしていた。DSC01686

↓ 8:00 72kmの部スタート(朝飛さんの奥様撮影)72kmスタート

↓ 最初の100MだけでもDingoとタカフミに付いていこうと懸命に飛ばしてみた(笑) DSC01701

DSC01702エイドはどこもかしこも良かった。全部で111キロの区間には25箇所公式があり、 その他私設エイドもあります。DSC01704元気な是枝チャンは私を坂道を楽々抜いていった。そりゃそうだ、若いし体重も半分もないだろうDSC01714

↓ 清流荘前の激坂(ここは試走で苦しさを知っていたので焦らずに歩いた)DSC01715

↓ チェックポイントDSC01721

元気なルミ子さん、今回は乾杯、いや完敗でしたよ。また遊びましょう。DSC01722

↓ この方が111kmを15:57:39で駆け抜けた「へっしーさん」だ。 こんな写真撮らなければ後10秒は速かったのにね!(温泉駅〜横川駅の往復路上にて)DSC01728

↓ 72km部の30km地点の大隅横川駅、ここで引き返す

DSC01735

↓ セイナ(111kmの部)DSC01737 ↓ サンダルランナーDSC01739↓ おやっとさぁ正三(111kmの部)DSC01742

私設エイドも数多くなり、それぞれの個性があって楽しい。 ランナーの苦しさを知っておられることが目を見ていると伝わってきて、何だかホッとするのです。DSC01743

復路の温泉駅(35.8km)で(朝飛さんの奥様撮影)帰りの温泉駅前

DSC01747 DSC01748 DSC01752 DSC01753 ↓ 45.8km地点の嘉例川駅でリタイアしようと決めていたが、 このセイナの背中を見て再び行く決心をした。DSC01754

DSC01756↓ チェックポイントの塩浸温泉公園(およそ52km)で30分の貯金があったが、
試走をしていてコースを熟知していたので、自分の状況からして次の4km先の和気神社が自分のゴールと定めて先を行くことにした。DSC01758 DSC01759 DSC01760 ↓ この階段は3度立ち止まった。DSC01761

DSC01763 正ちゃん(111kmの部)が追いついてきたDSC01764 私の歩みに合わせて一緒に歩いてくれる家族みたいな人ですDSC01765 何とかこの和気神社まで辿り着いたので、正ちゃんには残り16kmを一人で行ってもらうことにDSC01767 9時間40分、56kmでリタイアです。ちなみに同じ頃、同窓のDingoはゴールしていた。DSC01768 ↓ 見た目は痩せてみえないが、4kgは落ちましたよ。DSC01769 ↓ 車でゴール地点へ送ってもらうDSC01771 ↓ ゴールの霧島市役所DSC01772

 

27 thoughts on “霧島うるとら旅まらそん72km

  1. お疲れ様でした~残念ながら沿道にて応援、は叶えられませんでした
    諦めないお方と思っていますので、完走されたのですよね
    その後のキンキンに冷えたビールは美味しかったことでしょう

    この後の皆さんのコメントの応酬を短楽しみにしてま~す!

    レースの本記事じゃないと意味無いけど、地味~に何だか嬉しいw
    やった~~一番乗りww

    • 残念ながら、56kmで限界を迎えてリタイア。72kmは完走率50%、111kmは62%でした。まだ鹿児島にいますので、後日改めて詳しくご報告致しますね。

      • 私の親愛なる植物の大先生である一位樫様、珍しくも真っ先にコメントを頂いたのにも拘らず、私のレスポンスの悪さに友人達もほったらかしにしているとお叱りを受ける程ヒヤヒヤさせてしまいましたことお詫びします。

        というのも大会をリタイアしてから次の日の朝まで何も摂れない状態でホテルでダウンしておりました。ホテルから「ビールでお祝いしましょう」の申し出も私一人固辞せざるを得ない状態だったので、友人に飲んでもらったほどです。
        なのでその夜も打ち上げパーティも不参加と相成り、48時間たった今もビアは口にしておりません。一位樫様、私の代わりに飲んでいただけませんか? 請求書はウチに回してもらって構いませんよ(笑)。

        植物の大家に一言申すことお許し頂ければ、「ウルトラマラソンなど限界を超えてチャレンジする方向性は植物が大自然の艱難辛苦に耐えて花をさかせ、実を付ける意思にも似ている」と感じました。これですね、私が目指してきた山登りと陸上レースの方向性ですね。決して登った山の豊富さとタイムを誇ることではなくて生き方の問題だと得心いたしました。

        また植物の名など難問をぶつけて参りますのでご覚悟のほどをお願いしますよ。

  2. お疲れ様でした。遠足日和の天候でなによりでした。
    リタイヤされたとのこと、さぞ無念だっただろうと思いますが、さらにこれから新しいレジェンドに向けて活躍されることを期待しています。

    • 「お疲れ様」の言葉が一番うれしい。ウルトラの世界を垣間見られて誇らしく思います。
      やん様との出会いがまず最初のきっかけでしたね。この世界に入れて本当に良かった。
      これからも懲りずに続けて参りますので、良いお導きを今後もお願い申し上げます。

      結果ではなくて、スタートラインに立つことが一番重要なんですよね、やん様。

      • そうですね。その言葉、自分でも忘れかけていました(元々は本の受け売りですが…)。
        ウルトラのスタートラインに立った時点で、すでに勝利者なのです。
        レンジャー様のお姿に力を得て、私も9月のウルトラに向けてがんばります。

        • そうです、我々は勝利者なのです。
          そんなウルトラに独りで立ち向かっていくやん様の姿に、
          少しパワーを分けて頂きたいとも願っています。

          とりあえず焼肉で英気を養いましょう。

  3. 本当にお疲れ様でした。自分も内蔵やられて黒い液体をもどしました(多分黒酢?)、焼酎も呑めなくて・・・ 。今度の日曜日、えびの応援に行く予定です。恐らく今回の疲れが未だ残っていると思うので、無理せずリハビリRUNがいいかもですね。また宜しくお願いします。

    • 焼酎さんが焼酎を飲めないなんて起こりえないことが起きるのがウルトラマラソンの世界でしょうか?
      私の最後に辿った塩浸から和気公園までの長いトレール道を正ちゃんと歩きながらでも辿れたことがとっても嬉しかった。

      来週のえびのに来られるとは、もはやいじめに近いものがあるように思えますが(笑)、それなりにがんばります。

  4. お疲れ様でした。やっとブログをアップする気力、体力がもどってきたようですね。「発禁」の写真「解禁」されたようですね!

    • 2日経っても思った以上にダメージがあります。何しろ「食事を摂るってこんなに重労働だったけ?」とで大きくため息をつきながらです。
      今こそ、痩せるチャンスです。差入れ要りませんから。

  5. 生還出来て御目出度う!
    『生きることのクオリティは成績や数字や順位と言った固定的なものではなく行為そのものの中に流動的に内包されているのだという認識にたどり着くことも出来る』
    今回のレンジャーのチャレンジにこの文章を思い出しところです。
    この際、体質改善したかもしれないので肉食系男子になろうではないか!
    焼肉パーティも近いことだし。
    今度のえびのではレンジャーのスタート5分後にスタートしてやるか。

    • WIDE先輩と辿りたい道です。来年は強制参加です。
      大丈夫です、宿は個室ですから迷惑はかけませんぜ。

      焼肉パーティどうしましょうか? 出来れば参加したくないのですが、なぜか我が家が焼肉会場になっておりやす。
      肉を見ると気持ち悪くなって更に痩せる気配濃厚です。

      えびのスタートは10分後でも余裕で私をキャッチできますよ。多分体力は回復しないままでしょう。
      今回だけは勝ちを譲ります。
      先輩思いの可愛い後輩より

      追伸:しかし努々(ゆめゆめ)ご安心なさいまするな!

      • レンジャー様 56km完走おめでとうございます!清掃作業でご一緒してコースを案内していただきましたが、霧島温泉郷周辺はジェットコースターの何倍?10倍?もの高低差でこれをマラソンで走るなんて…と顎が外れそうになりましたゆえすごいことですよ。内緒ですけど完走した人は人間じゃないんです(ボソボソ..)ふくらはぎの痙攣を見てどんだけ筋肉が悲鳴を上げたのかがよく分かりました。ところで焼肉ですが、大丈夫です。私が美味しい野菜をご用意しますのでご安心ください。無農薬無化学肥料の無保存料のワインもご用意いたしておりますゆえ、来週・再来週?死なない程度に頑張ってくださ~い!

        • 一部の方のお見立てによりますと、脚の痙攣は脱水症状由来であり、経口で水分補給は無理で例えばサッカーの試合であれば即病院に運んで点滴を施すそうです。そうすれば内臓に負担をかけることなく体調が半日で戻るそうです。あそこで判断を誤ったと怒られました。
          水分補給が十分なのに脱水症状になるのは、レース前に高濃度のドリンクを飲んだことが第一だと言われました。疲れてもいないのに飲むと高血糖状態になり全く良くないそうです。糖尿病患者に栄養ドリンクを飲ませてマラソン走らせると死ぬそうですよ。また胃の中は強酸の海なので、過酷な運動の中では黒酢は飲むべきじゃないだろうとのことでした。スポンサーのご好意で目の前で「ハイ」と渡されて飲まされたので脱水状態のランナーには苦しいことでした。(※これは商品の否定ではないので騒がないで下さいね。)
          運動生理学を学び、レース前、レース中、レース後の経口する中身を吟味しないとウルトラマラソンでは生き残っていけないことが分かりました。

          • 脱水でしたか。それで痙攣おこすとなると、かなり重症でしたね。よく生きて..(以下略)
            んーレンジャー様の体は普通の人と最近変わってきたのかもですよ。ホホホ… 脱水で脱落してしまったとは残念ですねぇ。そうじゃなきゃ完走の完走してたのですね。とりあえず、後のダメージが酷そうなのでご自愛くださいませ。。。

          •  ふふふ、だからあの朝「今は栄養ドリンクはいらない」と言ったでしょう。高血糖になるという意識はなかったけど、栄養ドリンクは疲れた体を回復するために飲むものだと思っていたから。だって風邪もひいていないのに予防のために風邪薬や抗生物質を飲んだりはしないもんね。
            日向のときだったかなぁ。走る前にレンジャーが飴をくれたとき、走る前の甘いものはインシュリンの分泌を促し、逆に低血糖を引き起こしやすくなるのでボクは走る前は控えるんですよという会話をしたのを覚えていませんか。だから、国分の朝も差し入れのバナナをあえて食べずにコンビニでおにぎりを買ったのです。実はレンジャーが、バナナを食べたからコンビニには行かないと言ったとき、食べるタイミングが違うよなとちらっと思ったけど、あえて言わなかったんですよ。でも、栄養ドリンクもバナナの差し入れも、皆が良かれと思って差し入れてくれたもの。それを素直に受け入れて頑張ろうという気持ちの中で起こった結果で、ありがちなことだと思います。
             この「登山日記」は、自分の山登りの参考にしているという声をよく聞きます。ただのガイドブックとは違う独特の感性や経験が語られているからだと思います。最近はランニングの話題が多いですが、今回のレポートは、今までマラソンの経験を何回かした人には、あるあるのことだし、これからの人には実体験で(しかも痙攣の動画付きで)示してくれてとても参考になったと思います。これからもためになるレポート期待しています。
             ちなみに、黒酢は、アミノ酸(BCAA)を補給できるので、20kmおきぐらいに取るのは理にかなっているのではないかと思います。私は途中でしっかり飲んで走りました (^^)v

          • まりちゃん、今は何もしないことが自愛ですね。いつも心配頂き感謝はしているつもりなんですが、伝わらないこともあるようで。
            電話でのバトルはキツイです。

          • Dingo様、同い年なのにこの貫禄の違いにトホホなレンジャーです。例の黒酢は飲みやすくおいしく加工されていておまけに少量だったので、普通ではすごくお役に立てるものだと分ってはいるのです。

            ただ、私の場合は昔からどんなに薄めても、胸焼けを起す程、酢が苦手なんですよ。吐いたのは私と焼酎さんだけだったでしょう。稀に体質的に合わないケースもあるように思います。だいたいチキン南蛮も食べられないレンジャーですから。皆様もお分かりいただけると思います。

          • 決して黒酢がいけないと申しているわけではないので関係各位の皆様お心静かにお願いします。ここに黒酢について詳しく載っているホームページを見つけましたので→コチラ←を参考になされてください。

  6. レンジャーさん
    お疲れ様でした(^_^)
    今回の大会で1番感じたのは、
    仲間の有り難さです。
    みんなの存在に支えられました。
    本当に良い仲間と出会えて
    良かったです(^_^)
    (真面目ですが終わります)

    • へっしーさん、真面目にこられると妙に構えますな。

      Qさんを中心とした繋がりは私の場合、今年の3月15日から始まりました。
      みなさん、穏やかな人ばかりで、落語脳の私は浮いていたのですが、いつしか仲間に入れて下さいましたね。
      ありがたいことです。いつも話のオチを探し回っている男を仲間に入れて頂いて。

      少しは真面目に体重落とすこと考えよう。

  7.  そんなに長い距離を走って大変だったでしょうと周りのみんなは言うけれど、とても楽しく気持ちのいい時間が過ごせました。写真に写っているそれぞれの人たちの表情が物語ってますよねぇ。
     レンジャーも決してリタイアしなければならないほどの表情はしてないんですけどねー。ただ宿の女将に救急病院に行かんでよかどかいと言われたときの顔はほんとに生気がなかったですねぇ。ごめんなさいね、そんなレンジャーをおいて打ち上げに行っちゃって。まあ、付きっきりで看病されたらますます気持ちが悪くなっただろうけど(笑)
     指宿遠征の夜に続き今回もハラハラドキドキの夜でした。さて次はどんなドラマを見せてくれるかな (^-^)

    • Dingoさん、まとめがうまいね!
      ハニーさんの仕事とってしまったようだ(笑)。
      次週、えびのでもそれなりにドラマを作ります。

      乞うご期待! Don’t miss it!

  8. ウルトラお疲れ様でしたー!
    ウルトラの世界を堪能しました(+o+)
    写真で・・・
    超人の世界だ!出れるだけでも凄いです~(^.^)

    今週末がえびので、次が加江田なんて、さすがウルトラ兄弟の
    一員ですね(*^_^*)

    • ジョーさん、「はめられた〜」と嘆いていても仕方ないので、仲間を増やすことにしましたよ。
      ジョーさん、吉野さん、佐藤さんという新しい仲間を我々ウルトラファミリー・ランパラの会の特別会員として、ご披露することにしました。
      いつ?、近いですよ、来月です。メンバーが宮崎に走りに来ますよ!
      中には電車にも乗らず、走って来られる人もいるでしょう。見たくありませんか?

      来月は一緒に走りましょうね。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください