えびの京町ハーフ2014(第28回 えびの京町温泉マラソン大会)


coursemap
応援に豪華メンバーのお出ましを頂き、暖かいご声援を頂きました。中山ご夫妻、吉野ご夫妻、ひろみ親子様、一位樫様、遠路はるばる私とDingoのために駆け付けて頂きありがとうございました。え?、「ついでだから、気にすんな!」ですか。おっしゃる通りにございます。

さて気を取り直して、心地良いプレッシャーの中、皆様のご声援で何とか2時間を切らせて頂いたことで、カタチとしての感謝をお見せできたかなと思います。え?「たまたまだ!調子に乗るな!」ですか? 確かにそうですね。失礼いたしました。口数ではなくて、走力を鍛えます。

今回はレース3連戦5月シリーズの中間イベントです。ちなみに先週が72キロで半端無い高低差のウルトラ(56kmで脱水症状でリタイア)、来週が26キロ、高低差2,200mのトレランです。

今回のハーフは先週ゴールできなかった未通過分の16kmを意識して走ることにしました。いえ、決して復讐を意味するリベンジという言葉は使えません。自分の力が足りなくて失敗しているのに、復讐だなんて……それではまるでおつむの弱いクレーマー野郎です。大事な愛しの16kmへの再挑戦の気持ちで心新たに臨みました。

DSCN3785表彰台

IMG_0767ペアルック

IMG_0776スタート前記念撮影

IMG_2697説教

DSC01814私のスタート位置

IMG_2702迷彩

IMG_0781Dingo余裕

Lovesign

イメージ 7ジャーナリスト

DSC01817順位じゃないよ

DSC01820 DSC01821 DSC01822
DSC01823

DSC01824

明子ちゃん

自然とありがとう

長い坂の始まり

DSC01829飯野高校ヴボランティア真幸 DSC01835dingoかっこいい

折返し

DSC01841スポンジ

ひとみ嬢

↓ これカメラを右手に持っていたんで、左手で水を受け取ってしまった。
結果は水がこぼれました。DSC01847
最終ランナー-1DSC01851DSC01852

DSC01854霧まら幕閉じ

DSC01857

IMG_2711Dingoカッケー

DingoGoal

DSC01858 DSC01859DSC01860

IMG_2736

レンジャーゴール

hironiwa kichaku

ET

おまけ

 

Viva

14 thoughts on “えびの京町ハーフ2014(第28回 えびの京町温泉マラソン大会)

  1. GOALのレンジャーさんカッコイイ!!!!!!
    長い旅も終わり、次の旅へ~~~いってらっしゃい☆

  2. カメラ持たずに走れば余裕の2時間切でしょうが、それじゃ「レンジャー」らしさが無くなるかもですね!微妙なタイムがさすが「レンジャー」・・・。真面目な話になりますが今回、応援に行って良かったです。RUNの楽しさが垣間見れたかも?でもそっちの世界へは行きませんよ・・・。

    • 自爆猟兵閣下、あなたが立っているそこは、もはやレースの戦場であります。閣下の周りは既に敵ばかりです。走らないときっとイジメられますよ。
      しかしながら、一般人の奥様はお優しい方でいつも癒されています。応援に来て頂いてありがとうございました。もう遅いかもしれませんが、閣下には「迷彩遊びばかりではなくて、地区の仕事もするように」キツくお伝えしておきます。

    • Qさま、人生色々、汗も色々。
      冷涼な風の中で、あの熱き霧島うるとら旅まらそんのシーンを思い返しながら走りました。
      苦しい場面ではもっときつかった時のことが甦って、なんとか耐えられました。

      それが経験というものだとS隊長がぽろっと吐露しております。

  3. レンジャーさん、良い笑顔です^^   お仲間も^^
    未知の世界に傍観者として連れて行かれ・・イ、イヤ、連れて行ってくださり、ほんの少しですが楽しさが理解できたかもです
    ほぼどの写真にも山が写りこんでいるのが開催地らしさを伝えてくれますね
    思いもしなかった顔が(我が地元人)数人、ソンナコンナ、アレヤコレヤ、諸々が楽しかったです~

    • 植物の大先生である一位樫様を全く異次元ワールドにお連れしたら、どんな顔をなさるのか、私も一傍観者として興味のあるところでした。そして観察した結果、やはり植物の大家らしく「灰汁の強い強者」でした(大笑)。
      初めてお会いした人には強烈な印象を与えて風のように去っていく姿はただただ感動ものでした。

      走り終わったあとにビールを馳走頂き、誠に相すみませんでした。いつか顔出しも許可くださいね。
      また突然お誘いしますよ。

  4. 霧島ウルトラ旅マラソンの裏完走おめでとうございます。お元気な顔が見れて&ご無事でなりよりでした。山のご友人おもお近づきになれました。
    嫁さんが、応援でこんなに楽しかったことは無かったと申していました。お仲間がいるって有り難いですね。

  5. ずーっと動画を撮りながら走っていたとは!恐るべし「走るジャーナリスト魂」!

    • だって2時間もヒマなんだもの。私以上にじっとしていられない貧乏性なあなた様にはきっと分るハズです。
      最初のオープニングは自爆猟兵様のビデオを使わせて頂きましたが、ブレも少なく、さすが変態いや兵隊さんだなと感じ入りました。また動画のクォリティが高いのは、やはり迷彩使用のカメラだったからですかね?
      みんな迷彩使用のカメラが大受けで変態いや兵隊さんも大喜びでしたね。

  6.  今回の大会につきましては、鹿児島方面から焼酎さんご夫妻、ひろみさん親子、宮崎方面からは山岳猟兵さんのさんご夫妻、一位樫さん…そして気にかけていてくださいましたセイナさん・Qさん・へっシーさん・えっさん♪♪誠にありがとうございました!。
     山岳猟兵ご夫妻とは別々(西都市より)のため、うまく会えるか気にしてましたら偶然にも(あの大駐車場で)目の前に駐車されたようでお互い驚きと喜びで、dingoさんとレンジャーさんが受付に行っている間、紫の君(猟兵さんの奥さん)が早朝にもかかわらず、「えんどう豆おにぎり」をにぎってきてくださいましたので、まだほのかに温かいうちにいただきました。一位樫さんは植物の専門にもかかわらず、場違いなところへ綾町より連れてこられ、さぞや未知の世界で驚かれた事と思いますが、いろいろと気配りしていただきありがとうございました。
     お陰様にてdingoさんもワイド先輩も、レンジャーさんも完走することができました!霧島うるとら旅マラソンでレンジャーさんは、3日間くらいは体調が悪かったので、大した練習もできず挑んだ大会でしたが、結果的にはそれが良かったのだとdingoさんや、えっさん、焼酎さんに言われていたようです。皆さん経験豊富なので貴重な体験談から教えてくださってます。それがいかに尊いことか、あのレンジャーさんにもハートにあたたかく届きっぱなしなのでしょう…人間で一番大切なもの~人と人とのコミュニケーションというのが今育とうとしているのだろうと嬉しく思っております。
     焼酎さんはいつものスマイルで周りを癒してくださいます。思った以上にお元気そうで尚更楽しく感じました。スタートして走っていく二人を見送りながら「あ~あ!走りたい」と声援を送りながら、今にも走り出しそうでしたが、それほど「走る」のが皆さんお好きなのだなあと、しみじみ感じた次第です。
     何はともあれありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください