150 霧島ダブル縦走(高千穂河原<>えびの高原)

単独行。今回で山行も150回になるのでメモリアルなことをしてみようと考えてみた。以前(No.121)に高千穂河原から韓国岳への往復はしているのだが、「本当のダブル縦走ではない」とずっと心の中で引っかかりを覚えていた。

今回えびの高原まで下り、韓国岳を登り返せば、リアルのダブル縦走になり、胸が張れるかなと考えた。男は妙な所で「引っかかり」を持つものだ。それが良い方向にでれば『こだわり』になり、悪い方向にでれば『独りよがり・自己満足』になる。登山は家族以外には迷惑をかけないので、ケガをせず無事に帰ってハニーに「ただいま!」と言えれば良しとしよう。

韓国岳北峰に立つのはこれで4回目だ。念願の硫黄山への直下りが実現できて率直に嬉しく思う。毎回同じコース・ルートを行くことにものすごい抵抗を感じるタチなので、充実感が違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください