154 韓国岳火口底とオオヤマレンゲ

  • 二人行。
  • 例年より確実に花の開花が早まっているので、オオヤマレンゲは必ず咲いているだろうと踏んで出掛けた。老若男女(若は無)みなさん嬉々としてオオヤマレンゲの周りに集ってくる。「咲いていますか?」と声を掛けられ、『咲いていますよ』と答えると皆さん顔が喜びに変わる。私も尚更嬉しくなる。ハニーにもオオヤマレンゲを見せてあげたくて硫黄山東斜面へと誘ってみた。
  • 本日の計画は硫黄山を過ぎ、韓国岳登山道1合目を左へ進み、韓国岳北面火口縁から火口底へ降りて一周し、そのまま韓国岳の本道へ出ようという計画だ。北面火口縁から本道へは未踏なので不安はあったが…実際通ってみるとかなり手強いルートだ。興味本位では行かない方が良い。体力的には大したことはないが、気力を使ったので、ご褒美にアイスクリームを帰りにハシゴしてしまった。
  • 花のシーズンもこれで終わろうとしている。梅雨、夏を迎え、体力面からも厳しい環境となる。しかし、花が終われば山に登る人は少なくなるので、今からが私の山行の本番となる。走って走って登りたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください