369 高千穂峰

IMG_4692OLYMPUS DIGITAL CAMERA私が好きな霧島はピラミッドの頂点を形作るこの連山だけではない、鹿児島で言えば隼人の錦江湾まで基本なだらかだが、所々姶良カルデラにより起伏に富んだ地形も含まれる。宮崎で言えば小林までがそうだ。裾野には豊かな田園を抱え古より霧島連山を朝に昼に夕べに眺めながら人々が暮らしてきた。

霧島と云う名前の由来は地上からは頂上部分だけが霧に覆われて見えなくなるからと呼ぶと皆は思っているかもしれないが、そうではないと確信している。

以前、雲が厚いある冬の日に懲りもせず、霧島縦走をしていた。霧島東神社から二子石から差し掛かる時に思っても見ずに雲の上に出た。そこには霧に浮かぶ霧島の島々が見えた。国生みの伝承のような風景だった。高き所からしか見ることのできない本物の霧島を見た思いがした。(右の写真はその時の一枚で中岳から高千穂峰を写したもの。)

IMG_4735

↓ ヤシャブシは強烈な甘い匂いで未だにレンジャーは吸い寄せられてしまう。
7月の終わりになると匂いはほとんどしなくなるみたいだ。
IMG_4737

IMG_4744

IMG_4746

↓ おや、正ちゃん来てたの?
IMG_4751

IMG_4750

↓ 赤松は新燃岳の影響で枯れている木が多い。松ぼっくりはそのまま付いている。IMG_4755

IMG_4757 IMG_4759 IMG_4760

IMG_4761

IMG_4763

IMG_4765

IMG_4766

IMG_4767

IMG_4770 IMG_4772

IMG_4774IMG_4775IMG_4776 IMG_4777

IMG_4781

IMG_4782

IMG_4786

↓ 東の宮崎県側は緑豊かだ。ということは『ヤマビル君』がうじゃうじゃいるってことだ。
いいかげん、行政も本当のこと開示する時期がきたんじゃないかな?IMG_4784

↓ さてと帰りますか。いつもそうだけど、頂上は好きじゃない。
途中の方がストーリーと言うか多くの気付きがある。5分といないな。IMG_4790 IMG_4791

 IMG_4793

IMG_4795

IMG_4796

IMG_4797

IMG_4798

今日は中々涼しかった。下界は暑かったけれど。

『避暑とは暑さを避け、涼しく過ごすことです。しかし汗をかいてまで涼みに行くことではない。』
レンジャー大辞典より

9 thoughts on “369 高千穂峰

  1. 空をジッーと見ていると雲が風に流されていくのが見える。
    そんな写真にまたも釘づけ。
    どんどん風化しているのか?私の脳?

  2. いいですね。レンジャーの写真みると自分も一人で出掛けたくなります。気ままに・・・ でも携帯灰皿はちゃんと持参します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.