370 高隈山周回13.7km

image
IMG_1984
長年の希望を友人の強い勧めで果たすことができました。御岳→妻岳→二子岳→平岳→横岳周回。距離13.73km累積標高差1,279m。前日桜島マラソン36kmの疲労を引き摺りながらの山行でしたが、初めて見る毛並みの違うタカクマホトトギスにも癒されながら、歯をくいしばって何とかゴールに辿り着きました。最後の林道の長いことと言ったら半端じゃありませんでした。マラソンの方が楽かもしれません。と言ったら嘘になりますが、林道と言っても石がゴロゴロしていたり草が伸び放題なので結構注意力が必要とされます。同行者は「走れば30分だがね・・・走らないの?」で最後まで私をあおっておいででした。
登山道には草も多く繁り、1,000M級の低山は登りにくいというのが実感として残った山行でした。快適さを求めての山旅にはなりませんね、その証拠に各山頂には祠が祀られていて行を感じさせる山域です。一人で行くと意外と良いスプリッチュアルトレーニングになりそうな予感。退屈を友とするという意味でね。

 

DSC02454 ↓ タカクマホトトギスの葉って丸いのですね。
蕾のつきかたも花筏のように葉から飛び出して独特ですね。DSC02455 DSC02457 DSC02465

DSC02467

DSC02471DSC02474 DSC02473

DSC02475

DSC02476 DSC02479 DSC02477

DSC02482

t2DSC02481DSC02486DSC02488

DSC02490

DSC02493 DSC02494

↓ タカクマホトトギスを求めて崖をよじ登るDingoDSC02496↓ しかしその足下にはタカクマホトトギスが気の毒そうにDingoを見上げていたDSC02497

DSC02498

IMG_6384

10 thoughts on “370 高隈山周回13.7km

  1. 高千穂峰以来、2か月ぶりの山でしたね。桜島1周の後でキツカッタでしょうが楽しかったでしょうね。

    • まだ楽しさを味わうところまで回復しておりませんね。最初の御岳までは五年前とタイムが同じでしたので、別に極端に落ちているわけではないのですが、同行者二人が人間離れしているもので泣けてきます。

  2. なかなか楽しい山行きでした。林道部分残り5kmをランで戻れるともっと良かったのですが(笑)。ただ,この時期にありがちなアブ攻撃による腫れと思わぬ落石による滑落未遂とで結構手足にダメージは残りました(汗)
    レンジャー同様,私も基本的に単独行動派ですが,踏み跡も所々消えかけて万が一のことがあったらしばらく見つけてもらえないような山道だったので,今回一緒に回れたのは良かったと思います。タカクマホトトギスにも会えないかと諦めかけたときに思わぬところに咲いていたのを見つけられたのも感動的でしたね。同行のあの方のおかげです(*^_^*)

    • あれは未遂ではありませんぞ、立派な滑落事故です。私はDingoが落ちてくるよりも、転がってくる岩の方を観察しておりました。自分の身が可愛いもので、ごめんなさいね。
      でもお互い山はトレランと違って単独主義者なので、一緒に行く可能性がない中で同行できたというのは”あの方”が接着剤になってくれたからですね?

  3. 初めての高隈山へ、お二人とご一緒させていただき、ありがとうございました。
    実は、Dingoさんと同じく、アブに小指や耳たぶや脚を刺されて腫れと痒みに苦しみましたが、
    今回、いい経験をさせていただきました。お二人に感謝しております。

    • そうでしたか、何もかも強うそうなあなた様が虫に弱いとは…
      流石は茶碗虫発祥のお国柄ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。