372 高千穂峰(登山9周年記念)

IMG_2200「登山を始めて丸まる9年なんだな…この風景も幾度となく眺めてきたが、やはり高所からの眺めは一種独特だな!」と高千穂峰頂上から微かに見える宮崎県小林市方面を眺めながらそう思う。帰巣本能というやつか、なぜ人は自分が住んでいる方向を見ようとするのだろう。鹿児島方面からお見えの方々は残念ながら桜島さえも見えない程の 厚い雲に遮られた。しかしこの厚い雲の上はこの上なく見事な晴天であった。

毎年10月の体育の日の祭日に区切りとしてこの峰に登り続けてきた。昨年は343回目だったので1年でわずか29回の登山で終わったのだ。昨年はこの時期からランの世界へと傾斜を強めてきた。自分の中ではランを強くする事で山も強くなるという思いもある。毎回重い体を山頂に運ぶ単調な作業に疑問を持った事もあるが、ランという世界で自分を逞しくしながら成長したいと願っている。

山は逃げない。山は待っている。しかし人は油断をすると怠惰になってしまう。適度に緊張しながら、峰にはこれからも胸を張って「ただいま!」と言い続けたい。

DSC02643

DSC02644

DSC02645

DSC02654 DSC02657 DSC02658 ↓ 忘れものだろう(探勝路で)DSC02659↓ ミヤマキリシマが咲いてるだろうと探勝路へ来るとやはりありました。
DSC02660

↓ ヤマボウシの実を食べた事ありますか?DSC02664

8 thoughts on “372 高千穂峰(登山9周年記念)

  1. 去年も今年も参加できませんでした。10周年は参加したいですね。ヤマボウシの実は残念ながら食べたことはありませんが美味しいらしいですね。

    • ヤマボウシの実の味は・・・梨とザクロとイチゴを足して3で割ったような味で、ほのかな甘みです。

      10周年も峰の上でひとりぽつんとしていたいですね。

      山は自分との語らいの場ですから、皆さんにご迷惑をかけると思います。
      喋るのがいや、弁当をひろげるのがいや。限りなくネクラなレンジャーです。

      その代わり下界では飲みます。歌います。踊ります。

  2. 焼酎さん迷彩ポンチョをお貸しします。絶対分かりません!レンジャーには内緒ですよ!

  3. 吉野さん、2人だけの秘密ですね! 迷彩ポンチョとプレデターで一緒に尾行しましょう。。。

    • 正ちゃん、どうせなら国分出発で黒石岳経由で県道2号線をぐるっとしますか?
      それも10周年の前週に!

  4. 正ちゃん☆折角ですので黒石岳まで、1キロ6分のペーサーお願いいたします( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.