出水ツルマラソン

出水ツルマラソンコース出水ツルマラソンコース俯瞰図さて(ってどこから繋がっている?の疑問を残しつつ)いよいよ2年目のレースシーズンの始まりですね。果たして今季はどんなドラマが待っているか、自分のことながら他人事のように楽しんでまいります。あんなに大好きだった山にも行かず、巨体を炎天下の中を走り込んでも一向に体重が落ちないと言う入門当初の落語家みたいな今夏でした。皆様の励ましや体のケア方法を学びつつ、故障を三度乗り越えようやくスタート地点に立つことができました。
出水市は、鹿児島県の北西部に位置しツルの渡来地として知られている風光明媚な地です。若い頃は鶴を観に厳冬の中、二度訪れたことがありますが、およそ私は30年振りにこの出水の地に三たび舞い降りたわけでございます。

teamranger_IMG_5550私は歳が50代半ばで、かつ重量級ながらも今年もフルマラソンとハーフマラソンに挑戦していきたいと考えています。できれば世のメタボ体型の代表としてお父様方のアイドルとなれるよう頑張りたいと願っております。

え!?与太話はやめて肝心のタイム発表をしろ!ですか? アイドルは色々と不詳なことが命の部分もありますので控えさせていただきます。夢が大事です。

←「チームレンジャー応援旗」ありがとうございます。できればこれを沿道で振って頂いていたら、サブフォーも夢ではなかったやもしれません。そう思うと非常に残念でなりません。そこのお父さん「だったらタイムは楽に4時間代だろうって?」そんなにフルマラソンは甘いものじゃありませんよ、お父さん。

↓ 髪を短く刈り上げたDingoの出で立ちはまるで「修行僧」image ↓ ウォームアップ中の「セイナ&カズ」
image↓ まさかこの中から「サブスリー達成」と「ハーフでリタイア」が同時で起こるなんて面白いですね〜。
「おめでとうヘッシー!」&「Qちゃん腰痛が残念でした」
image↓ 「ピクニックじゃないんだから…」の違和感を持ちつつフットサークルに参加image↓ スタート5分前の正ちゃんが手にしているのでは焼酎!?

しかしスタート前からドリンクを振舞って頂ける大会は初めての経験です。うれしいですね。image

↓ 最後尾の定位置へと移動しました。DSC02703

↓ スタート直後。いつも正ちゃんがそばにいる。彼は家族だね。DSC02708

↓ 美穂さん撮影10744712_699289743500448_1259237316_n

↓ 混んでますね〜。最初飛ばすクセのある私にはペースが上がらないので好都合です。DSC02711↓ 「8分/㎞で良いから。とにかくゆっくりと行こう」と自分に言い聞かせます。image↓ 二人ともまだまだ元気です。(スタートから10分後)image↓ スタートから41分後
image↓ 信号待ちや幹線道路通過時に通行止め等もありますが、
スタッフと警察の連携がとれた見事な運営でこんな大会もありだなと思いました。
好印象を持ちました。DSC02724↓ この坂が終わった時の喜びといったら例えようがないくらいでした
(15km付近)image↓ 下り基調になってから、無理しておにぎりを口に入れます。これが後々効果的だったと思います。image↓ 先に行ったと思っていた正ちゃんが後にいました。やはり家族ですね。
(スタートから1時間50分後)image

↓ 鼓膜が驚きました。目が覚めました。ありがとうございます。DSC02736

↓ お、美穂さんだ。カメラの構え方がクールですね。DSC02737

↓ 美穂さんに写して頂いた10743290_699289690167120_1164679155_n

↓ このダート道でペースがガクンと落ちました。(片道2.5km×往復)DSC02738

↓ 海(湾)です。DSC02740↓ 28kmの折返し地点(蕨島)image

↓ 28km折返しを過ぎて、止まりかけていた脚が回転を始めました。
沿道の声援にも「ありがとう〜」と応える元気も出てきました。
おにぎりとスポーツジェルのおかげでしょうか。DSC02747

↓ 鹿児島中央駅そばのお店だそうで「鹿児島に寄った際には行きます」と約束しました。
どなたか連れて行ってください。豚(とん)焼きが美味しいそうです。DSC02750

↓ 30kmの坂
ここで友人は「ロケットエンジンに点火する…」と言っていたけど、うまくいったかな?DSC02751 ↓ 僕には点火は無理だった。この後苦手なダートもあるし、安全運転で参りましょう。DSC02753↓ 再び「ダート道」がきました!DSC02756↓ バナナとイチゴに抜かれた。人間じゃないヒトに抜かれるのはなんだか理不尽を感じざるをえないのだけど。(残り2km)DSC02759↓ 「はぁ〜やっと終わった」との安堵感に包まれるimageDSC02766imageimage

↓ 打ち上げですIMG_5569

4 thoughts on “出水ツルマラソン

  1. 完走おめでとうございます(^^♪
    日々の努力の賜物ですね。
    「小さなことからコツコツと」ですね。
    これから私もレンジャーさんを見習って精進して参ります。

    • ある大会の試走会に集った人々の輪が拡がっていく。
      この人々と語らうためには日々努力することを求められる。
      これからもSeina様にはご指導とご教授を賜りたく存じ候。

  2. 祝!超完走 おめでとうございます。 努力嫌いな自分は奇跡と神様だのみで精進致します。焼酎がおいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.