167 祖母山(黒金>宮原コース)

二人行。登りに使った黒金尾根コースはタフです。尾根と言っても明るい尾根ではなくてどちらかと言えば樹林帯を行くような趣きです。左手に古祖母、右手に前ノ背をたまに見ながら高度を目視で確認しながら登ります。また標高100mおきの標識は登山口である600mから1700mまで確実にありますので、自分の体の調子を測るバロメーターになります。

下りに使った宮原コースは黒金尾根コースに比べて距離がある分、若干なだからです。クマザサとササダケが1200m付近まで多く茂り、それらが足下を隠すため、見通しが悪く、思ったように早く進めませんでした。足取り軽く、スピードを上げて駆け下りると言う訳にはいきませんでした。

反省点として朝5時ジャストに宮崎市を出発するが、8時間25分の所要時間を考えると朝4時出発が望ましいかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.