175 ゆったり高千穂峰(天孫降臨コース)

5人行。朝7時35分に家を出る。75kmを1時間と50分かけて皇子原の天孫降臨コースの駐車場へ着く。高速道路を使えばいいじゃんとお思いでしょうが、目的地は真西なのに、高速道路は宮崎から一旦進路が南へ向かい、あるポイントで北へと向かいます。二等辺三角形の形で進むのでガソリン代がかさみます。時間も殆ど変わりません。あるポイントを通る為だけにまったく無駄な道取りです。あるポイントとは都城です。宮崎市の政治家よりも南の方に声のでかい政治家がいたようです。時代背景は昭和40〜50年代の話なのでよく判りませんが、未だに宮崎自動車道は車の通行量が少なく、のどかに車も走っています。

天孫降臨コースは11月の第1日曜日に皇子原公園から高千穂峰まで霧島登山マラソンが行なわれます。今日も7人の人が小さいリュックを背負って本番に向けてトレールランしていました。杖も登山靴も長ズボンもなしです。私も真剣にエントリーを去年迄考えていましたが、なかなか決心がつきません。面白いのは誰でも参加と謳っていながら、目標時間が設定してあって『3時間以内』に5.5㎞の上り林道ランと3.5㎞の登山(山岳マラソン)をこなさなければならないので結構ハードです。一応今の状態なら2時間30分でいけそうですが、自衛隊関係者が大変多いそうなので、私みたいな偽物レンジャーではボロが出るのでもう少し先にエントリーを延ばしましょう。

合計5時間15分の行程。普段山登りをしない女性にはちょっと負担があるとは思いましたが、旦那がいつも登っているので心構えはできているだろうと…、心配はしませんでした。

本日高千穂の峰で見かけた20才台のグループは山を楽しみに来ているのではなく、お弁当を食べに来ている感じがしました。薄っぺらいというか、人生の深みがないというか、多くても年に1回、それもここの山だけに来る感じです。悪いとは決して言えませんけど、やはり深みがないですよね。

ところで、山って弁当を食べる所なのかな? 頂上は食堂ではないんだし、できれば食事は控えたいと私は思っています。私の舌は普通なので、何を食べても、地上でも山の上でも同じ味しかしません。

これはカミさんと意見が合わない所なんですが、カミさんは「何のために山に行くのよ?美味しいお弁当を食べるためじゃないの?それにお弁当を食べないと体力がなくなって動けなくなる。」と言いますが「食事に行くんじゃないんだよ。汗をかきにいくのさ、山はさそういう神聖な所だよ。」と私は言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください