176 市房山縦走と紅葉のはじまり

2人行。朝6時に家を出る。80kmを2時間かけて村所へ着く。その後林道を経由して3合目迄車を走らせ、8時30分から林道歩きを始めた。急遽、本日は変則でドライブ・観光組と登山組を分けて、登山組に都合が良いように、宮崎県西米良村から熊本県水上村の湯山まで縦走させてもらうこととした。決まったのは前日の午後9時を過ぎていたので慌ただしく事を運んだが、誰一人不都合を来す事なく事が運び万々歳だった。

とりわけヘルニア・トクさんが元気で私達が市房神社(4合目)に降りてくるまで、市房神社ルートで登山自主トレ(実は単なる道迷いなのだ)を敢行し1〜4合目を、一旦4合目から1合目迄くだり、その後登り返したというので驚きであった。それも杖なしである。普段杖がなければ歩けない人なのだ。それで自宅に帰ってトクさんと酒を酌み交わしながら私はこう言った。「トクさんはひょっとしたら、『今度山登りができるかもしれないね』とあなたは言ってはいるが、おそらく明日から寝たきりになるんではないのかい? 今日がトクさんにとって最後の歩きだったのさ」皆で大笑いをしたが、この世の中何が起きるか判らないので皆で明日トクさんの身に起きることを心に思い描いている。「元気で会社にいけるのか?あるいは朝起きれずそのまま寝たきりになるのか?」皆、固唾を飲んで経過を気にかけている。

今回で5回目の市房山ですが、秋に訪れたのは初めてでした。この山域は秋以降の方が良いみたいです。過去4度のうち夏場が3度でしたから、死ぬ思いを2度程しています。その点秋は温度が低いので体温の上昇が抑えられ、長距離も安心して歩けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.